2017年12月07日

サンデーS 1月号 特別読切 モノトーク 感想

私はサンデーSをたまに買っているのですが、買うのはコナンの付録や応募者全員サービスの応募券がついている時のみです
だから、サンデーSで読んでいる漫画はコナンの映画を漫画にした作品と犯人の犯沢さんとその月に掲載されている読切のみです

1月号の特別読切を読んで「モノトーク」という森下みゆ先生の作品がとても面白かった!
読切なのにかなり感情移入してしまった

登場人物
物の声が聞こえる能力を持った物江くんと人形をとても大事にしている奏ちゃんと奏ちゃんの人形です

内容
物の声が聞こえる能力を持っている物江くんは過去にそのせいでいじめられていたので、高校生になった今ではそのことを隠して、日々を過ごしている
そんなある日、たまたま奏ちゃんに物の声が聞こえるということがばれてしまい・・・・
ざっくりとこんな感じです(笑)
ばれた後からが面白いですよ!

奏ちゃんの物江くんに「この子(奏ちゃんの人形)の声が聞こえるんですか?」と聞いているときの表情がとても可愛い!
物江君の家にある物は物江くんのことをみんな心配していて可愛かった
お友達ができたことを腕時計から知らされると、「学校連れてけー」だったり、「呼んでこい!」などと野次を飛ばしてた(笑)

なんだか心温まるお話でした
奏ちゃんの絵も可愛かった

森下みゆ先生の次回作に期待です
今月のサンデーSで1番面白かったです!
ではでは

posted by シェーリング at 00:00| Comment(0) | 漫画(いろいろ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする