2018年04月18日

五等分の花嫁 第34話 「今日と京都の凶と共」 ネタバレ&感想


五等分の花嫁の34話のネタバレと感想を書いていきます

前回のお話は以下のリンクから

五等分の花嫁 第33話 「お見舞いエンカウント」 ネタバレ&感想


風太郎の過去

五月は風太郎が勉強する理由を教えてくれるまで睨み続けると言い、
風太郎は五月が聞くことを諦めるまで睨み続けると言い、
お互いに見つめ合っているのを廊下にいた看護師さんに見られてしまいます

二人とも可愛すぎか(笑)
初っ端が五月のムッとした表情からだったから、最高でした


~回想:風太郎の子ども時代~

修学旅行の時のお話です

子どもの頃の風太郎は今と違って、騒がしいです
そして、クラスメイトの竹林という子が気になっている様子

しかし、その竹林は真田という子と幼馴染らしく、仲がいい様子

風太郎は班員の中で、自分が邪魔だと判断して、修学旅行中に腹痛だと言って別行動に移ります

小学生の時に修学旅行で別行動って・・・・
その方がいいと感じてもなかなかできるもんじゃないよね
まぁ、班の他のメンバーは風太郎のことが邪魔だとは思ってなかっただろうけど



五つ子の誰かとの出会い

風太郎は一人で行動中で、盗撮したと疑われ、警察官に声を掛けられてしまいます

そんな時、五つ子の誰かが

「その人は無罪だよ 私見てたもん」

と言い、風太郎を助けます

すると・・・・

緊急ニュースが電光掲示板に流れ、未確認飛行物体が現れた、国会が占拠された、将棋星人が現れたという意味不明なニュースが流れます

~回想終了~

緊急ニュースからの下りは完全に風太郎の作り話です(笑)
唐突すぎて読んでて「え?」ってなりました


五月はこの話を受けて

五月:「なんですかそれ!!
そこからが聞きたいのにすごい雑に終わりましたよ
地球はどうなったんですか?」
風太郎:「別に話すとは言ってねー
というか話したくない
少し言うことを聞いたのは・・・
この間の礼だ」
五月:「いまいち伝わりませんでしたが・・・
昔のあなたと今のあなたが大きく違うことはわかります
その子との出会いがあなたを変えたんですね」

~回想~

風太郎と女の子は一緒に行動し、「人を探すのを手伝う」と言ってくれます
しかし、風太郎は「一人でできる 他を当たってくれ」と言います

女の子:「他じゃだめだよ
お互い一人で寂しい者同士仲良くしようよ
私には君が・・・」

~回想終了~

五月:「私も変われるのでしょうか・・・
もし・・・できるのなら・・・
変われる手助けをしてほしい
あなたは・・・私たちに必要です」

~回想~

女の子:「君が必要だもん」

~回想終了~

風太郎は五月の方を向きます

五月:「こっち見ないでください」
風太郎:「俺に教わってどうにかなるのか?平均29.6点」
五月:「どうにかします!
やれることはなんでもします」

そう言い、五月は昔買ったお守りを出します

風太郎はそれを見て、

風太郎:「それ・・・どこで買ったんだ?」
五月:「これですか? 確か・・・京都で五年前」
風太郎:「それって・・・」

すると、一花、二乃、三玖、四葉がやって来て、5人で予防接種を受けに行きました

今週はここまでです

どう考えても、あの女の子は五月だったっていうルートしか浮かばない・・・
最近の五月推しがすごいな
最後の予防接種中の二乃と五月可愛いな



修学旅行の時の回想があったので、結構重要な回でしたね
まぁ、あの女の子が誰だったのかという断定はまだできませんが・・・・

話の流れ的にはどう考えて五月なんだけどね

風太郎が持ってる写真の子が五つ子の誰かだということが結び付くのは時間の問題な気がします

そろそろ新シリーズに突入するのかな?
来週も楽しみですね!
ではでは






posted by シェーリング at 02:35| Comment(0) | 五等分の花嫁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月11日

五等分の花嫁 第33話 「お見舞いエンカウント」 ネタバレ&感想

五等分の花嫁の33話のネタバレと感想を書いていきます

前回のお話は以下のリンクから

五等分の花嫁 第32話 「結びの伝説 2000日目」 ネタバレ&感想


風太郎入院中

風太郎は大事を取って、病院に入院しています

診察室で先生との会話で、風太郎は五つ子が林間学校の時の部屋になんとなくいたような気がすると思っているようです

先生のキャラがなかなか濃いです(笑)
ちなみに学生時代は勉強漬けで彼女はいなかったそうです



病室に戻ると、二乃がやってきます
入院費は中野家が払っているようです

風太郎:「入院費を払ってくれたのもどうせお前たちの親父だろ」
二乃:「そうよ!つまり私たちが払ったも同然よ」
風太郎:「うわー・・・お嬢様っているんだ・・・」

そう言った後、二乃はカーテンの裏に隠れてしまいます

まさか一番最初にお見舞いにやってくるのが二乃だとは意外だった
風太郎も驚いてますね
二乃のお嬢様気質やっぱりいいですね!



二乃が隠れた後、一花、三玖、四葉が部屋にやってきます

四葉には二乃の臭い(香水)でここにいるのでは?とすぐに感づきます
そして、部屋から出る前に見つかってしまいます

四葉は鼻がいいのね(笑)
なんかイメージ通りだわ

三玖が前と違って、風太郎に対して、積極的になっていますね
一花と三玖が風太郎にパンをあーんしているところはスクショしました(笑)

そういえば、五月はどうしたんだろ?



裏切り者!!!

風太郎は明日には退院できると先生から言われます
検診が終わろうとしたときに、廊下から一花、二乃、三玖、四葉の声がします

風太郎がそこに行き、話を聞くと、五つ子は予防接種をしに来ていたようです
二乃は予防接種を嫌がって、風太郎の病室に逃げ込んでいたみたいですね
そして、風太郎のお見舞いはついでだったようです(笑)

お見舞いがついでだったことに対し、風太郎は「この裏切り者!」と言います
みんな風太郎のことあまり意識していなかったようです(笑)
四葉に至っては病院に来てから思い出したという・・・・

風太郎が女の子4人と話しているのを見て、先生が「君が裏切り者だー!!!」と言います

完全に風太郎のお見舞いの為だけに来たかと思ってました
まぁ、そうすると二乃の行動の意味が分からなかったし、なるほどという感じです

先生は風太郎のことが羨ましかったのでしょうね(笑)



過去の記憶

病室に戻って、横になり、風太郎は先生のことをどこかで見たことがあるような気がすると思います

遠い昔
だけど強く記憶に刻まれている景色
そう
あれは・・・

五つ子の誰か:「私がみんなのお手本になるんだ 上杉風太郎君 バイバイ」

これは・・・・先生はもしかして中野家の父親って可能性がある?
どうなのかな



その出来事を思い出して、ベットから起き上がると、その女の子がいます
しかし、次のコマで驚いている五月に変わります

風太郎:「なんだ五月か 驚かすなよ」
五月:「それはこちらのセリフです」
風太郎:「四葉たちが探していたぞ」
五月:「はは・・・なんのことでしょう
ここには・・・お尋ねするために来ました
教えてください
あなたが勉強する その理由を」

今週はここまでです

これってやっぱりあの女の子は五月だったってことなのか・・・・
またその線が濃くなったね

五月は二乃と同様に予防接種から逃げていたようです(笑)

そして、五月が風太郎に勉強する理由を尋ねましたね
私はてっきり、家庭の事情でいい職業に就きたいから頑張っていると持っていたけど、他の理由もありそうですね



今週は巻頭カラーで最高にみんな可愛いです!
五月の表情が一番好きかな

そして、新しいプロジェクトとして、「1年間を五等分して記念日にしよう」ということで、365日を五等分にして、その日に、なにかしてくれるみたいです
ちなみに、日にちは1月1日、3月15日、5月27日、8月8日、10月20日です
直近は5月27日ですね!
Twitterでアイデアを募集しているみたいですね


33話の内容ですが、林間学校が終わり、風太郎が入院しているところからのスタートでした

風太郎を検診してくれた先生は何者なのかということが私は一番気になりました
一番濃厚なのは中野家の父親だけど、五つ子にそんな素振りは見えなかったからな・・・・
それに父親なら、風太郎のことをもっと知っていそうな気がするし
風太郎の病室がいいのもただ単に中野家がお金持ちだからで筋が通る気もするからね

風太郎の過去に何かしら関係のある人ということは確かですね!

そして、来週は風太郎の勉強する理由が明かされるでしょうね!
果たして、どのような理由なのか楽しみですね

来週も楽しみに待ちましょう
ではでは






posted by シェーリング at 01:13| Comment(0) | 五等分の花嫁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月04日

五等分の花嫁 第32話 「結びの伝説 2000日目」 ネタバレ&感想

五等分の花嫁の32話のネタバレと感想を書いていきます

IMG_E9163.JPG

前回のお話は以下のリンクから

五等分の花嫁 第31話 「結びの伝説 3日目➂」 ネタバレ&感想


林間学校より2000日後???

2000日後

上杉家で高校生?になった妹のらいはと父親がが登場
電話が鳴ったので、電話を取ると、その相手は風太郎でした

父親:「なんだ風太郎から電話か?」
らいは:「結婚指輪を家に忘れたって
こんな新郎他にいないよ」
父親:「ふっ・・・ 血は争えんな」
らいは:「もう一人いるんかーい
決めた! 私 お父さんやお兄ちゃんよりもいい人と結婚する!」
父親:「許さんんんん 俺を一人にしないでくれ」
らいは:「お兄ちゃんも・・・仕事以外無頓着なのは相変わらずなんだから」
父親:「そうだな それでも学生の頃よりましになった方だろ」
らいは:「あんなんで良い旦那さんにだれるか心配だよ」

初っ端から予想外すぎるのだが・・・・
いきなり最終回が来たかと思ったわ
らいはってもともと小学何年生なんだっけ?
それからタイトル通りだと2000日で約5年だから・・・・
中学生か高校生だと思うのだけど・・・・
そして、林間学校の日から2000日後に風太郎と五つ子の誰かが結婚するということが明らかになりましたね!
1ページ目からいろいろと衝撃的な幕開けでした



結婚式会場へ

会場に行くと、風太郎とらいはの祖父母がいました
そして、中野家の人がいる部屋に行くと、五つ子の祖父母だけがいました
姉妹らは何かの準備で遅れているみたいです

五つ子の父親もいないので、風太郎の父親が電話をかけて、なんだかんだ会場には来るようです

中野家の祖父母が五つ子からは想像できないような感じだった
風太郎の父親の名前って、勇也って言うんだね
これってもう出ていたっけ?


らいはは風太郎に結婚指輪を渡すために、風太郎がいる部屋に向かいます
風太郎がいる部屋に行く途中に、会場のスタッフが手配ミスがあったみたいで何かに困っている描写があります

風太郎がいる部屋に着くと、風太郎は寝ていました

らいは:「今日が特別な日ってわかってるのかな
今から結婚するんだよ?
でもお兄ちゃんは超現実主義だからなぁ
そういうの気にしてな・・・」

風太郎の腕を見ると、らいはがつくったお守りをつけていました

らいは:「懐かし・・・
これいつ作ったんだっけ まだ持ってたんだ
結婚おめでと お兄ちゃん」

結婚式直前まで寝ているという(笑)
結婚式をどう考えているんだよ風太郎
らしいっちゃらしいですね!
らいはのお守りはまだ健在みたいですね!



結婚式開始

風太郎が会場に入ると、席には見知った顔が

前田:「おいコラ よっ
んだよ 俺だよ俺! 覚えてないとは言わせねーぞ」
風太郎:「覚えているさ 前田だろ」

そこにいたのは林間学校の肝試しで風太郎と四葉が驚かせた前田と女子生徒でした

前田:「俺たちの結婚式を思い出すな
上杉のおかげであの日 お前と踊れたんだ」
女性:「林間学校の伝説かー 懐かしいなー」
前田:「そういえば知ってるか?
上杉たちもあの時・・・」

そんな会話がされている中、風太郎は思います

風太郎:あの時のことは正直よく覚えていない
だが災難続きだった林間学校には不思議と嫌な覚えもなかった

そして、新婦が入場してきます

ナレーション:結びの伝説
キャンプファイヤーの結びの瞬間
手を結んだ二人は
生涯を添い遂げる縁で結ばれるという

前田が登場した(笑)
まさかここまで絡んでくるキャラになるとは・・・・
風太郎の顔は全く描かれませんでしたね
そして、新婦の顔は、五つ子の誰にでも見えてしまう



風太郎が寝ている部屋で

時間は林間学校に時に戻って、風太郎の手を五つ子の全員が握っているところへ

一花:「あの時もずっと耐えてたんだね
私も周りが見えてなかったかな」
二乃:「らしくないこと言ってないで
早くいつもの調子に戻りなさい」
三玖:「私たち五人がついてるよ」
四葉:「私のパワーで元気になってください!」
五月:「この三日間の林間学校
あなたは何を感じましたか?」

やっぱり全員が風太郎の手を握っていましたね
前回の予想が当たりました!
まぁ、ここで五月だけが握ったままだと、新婦は五月ってことで決まってしまいますもんね
二乃のツンデレセリフが可愛すぎる
典型的なツンデレだわ
そして、風太郎の腕には二乃に貸していたお守りがついています


みんなの言葉を聞いて、風太郎が起き上がります

風太郎:「・・・るせぇ・・・
うるせえ! 寝られないだろ!」

時間は2000日後へ

風太郎:ほろ苦い思いでさえ幸福に感じるのも
多分みんながいたから
今なら言えるかもしれない
あの時言えなかった一言
傍にいてくれてありがとう

今週はここまでです

休んでいる中、近くで5人から声を掛けられたら、うるせえって思うよね(笑)


今週はいろいろと衝撃的でしたね
まさか結婚式の日から始まるとは・・・・

花嫁は結局誰でしょうね
結びの伝説の条件は全員が満たしていますからね

結婚式ではいろいろと姉妹らが何かを企んでいそうですよね
何の手配ミスがあったのでしょうか

来週も楽しみですね!
ではでは






posted by シェーリング at 04:12| Comment(0) | 五等分の花嫁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする