2017年12月27日

DAYS 229th day 「土台」 ネタバレ&感想

DAYSの229話の感想とネタバレを書いていきます

IMG_7808 (2).PNG

合併号で前回の話を忘れている人は以下のリンクから228話を見てから見てね!

DAYS 228th day 「その理由」 ネタバレ&感想


つくしの成長

梁山がスローインからサイドチェンジをして、風間がいる右サイドへと展開します
風間はガス欠寸前なので、サイドバックの位置に入っている佐藤が指示を出します
佐藤:「風間 無理して寄せなくていい!!」
と言った瞬間にボールに寄せる聖蹟の17番が・・・・
そう!つくしが懸命にボールを追いかけます

そんなつくしの姿を見て、聖蹟のみんなは思います
佐藤:・・・違う いつもの柄本じゃねえ
いつからだ 全国に入ってからか?
でも昨日の一星戦はこんなんじゃなかった
来須:試合前のアップの時はまだ妙だった
何かが吹っ切れたから!?
君下:変わってやがる
大柴:「取るまで休むな!!」
中澤:昨日と比べてというレベルじゃない
鈴木:「すげえ」
白鳥:「いつか来ると思っていた こんな日が」
生方:「積み木みたいだなって思った
努力をするとか積み重ねるとか 誰にでも言われるでもなく 
コツコツ 崩れても直して 繰り返して
こぼれ球を拾ったり シュートのコツだったり 切り替えの意識だったり マークを外す動きだったり
人によって違うんだと思うんだけど あいつの場合 一番下の段はきっと"走ること"
それを最初に教わったから そこが一番固くて広い その土台があいつを支えている

臼井:入部当初の背中を思うと およそ信じられないな
この展開でこれ程頼もしい後ろ姿は他にはない

臼井にここまで言わせるほどのつくしの存在感
鳥肌が立ちっぱなしでした



聖蹟の速攻

碇屋への縦パスを大柴が止め、こぼれ球を臼井が拾います
前を向くと、水樹が一言
水樹:「来い 決めてくる
つくし:「前です!!」

水樹にボールが渡り、マルコと加藤が2人で寄せてきます
中で待っているのはつくしだけですが、水樹はやや強引にアーリークロスをあげます
志村がクリアしようとすると、その前につくしが割って入ります


聖蹟大チャンス!そんな時、つくしの母は?

場面は変わり、つくしの母親が仕事終わり、帰ろうとしているとき、車の中でラジオをつけると、
実況:「これは聖蹟チャンス!! 柄本くんがGKと1対1!!」

試合を一切見ていなかった母がラジオをつけると、ちょうど聖蹟のチャンスで、つくしがボールを持っているという状況
なんというタイミングなんだ!
ぜひ仕事場に戻って、江崎さんと一緒に試合を見てほしい!



合併号だったので、先週はマガジンが発売されず、待ちに待った発売日でしたね
まぁ、今週号も合併号だから、来週のマガジンはないのですが・・・・
次のマガジンは2週間後です・・・・
まぁ、正月だし、漫画家の先生たちにはゆっくり休んで、また2018年も面白い漫画を描いてほしいです!

ネタバレ記事のレイアウトをちょくちょく変えているけど、まだ、読みにくい感じが否めない
どう改善したらいいのだろうか
最初の頃のネタバレ記事よりかはよくなっているとは思うけど・・・・
ではでは









posted by シェーリング at 04:03| Comment(0) | DAYS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月13日

DAYS 228th day 「その理由」 ネタバレ&感想

DAYSの228話のネタバレと感想を書いていきます

IMG_E7590.JPG

ボールを持ったら

水樹からのパスをつくしがターンをして、前を向きます
しかし、聖蹟は前線に選手がおらず、パスコースがない
大柴は上がり切れておらず、風間と来須はマークを外せていない状況です
一瞬のすきに、加藤がつくしからボールを奪います
ボールを奪われた直後、つくしは加藤からボールを奪い返そうとしますが、加藤のユニフォームを引っ張って止めてしまい、イエローカードを貰ってしまいます

つくしはドリブルで打開はできないから難しい状況でしたね
ボールを取られた後、すぐに取り返しに行き、梁山のカウンターを食らわずに済んだのはなかなかでかいですね



風間とうとうガス欠

風間が試合が残り10分のところでガス欠状態になってしまいました
そんな風間を見て、大柴が突っ込みます
大柴:「オイ!!」
風間:「はっはっは 大丈夫っス」
その後、風間はつくしを見て
風間:悪い チャンスを潰した
つくし:気にしないで 大丈夫
風間:つくし・・・・・
つくし:助けてもらってばかりじゃ友達とは言えないと思うんだ
今度は僕が助けなきゃ
そのためにここに来たんじゃないか!!
来須くん達が・・・・ずっと支えてくれた
生方さんはあんなことしたのにそれでも信じてくれた
走る
僕には走れる理由がある

こう思っているときもつくしは交代で入った来須と一緒にプレスをかけますが、ボールがなかなか取れません
梁山はサイドを変えて、マルコにボールが渡ります




梁山の右サイドからの攻撃

ボールを貰ったマルコに水樹が寄せますが、加藤がオーバーラップをしてきたので、加藤にボールを預けます
完全にフリーでクロスを上げられる
と思ったら、つくしが前に立ちはだかり、クロスボールはつくしのお腹へと直撃
「ごほごほ」と咽てます
そして、つくしの決意が現れます
つくし:苦しい時は苦しいと言ってもいいんだ
でも今は示すときだ
もう迷わない
「前に進むだけだ」


IMG_E7591.JPG

出場時間はつくしの方が短いけど、運動量においてつくしは加藤を上回っていますね
つくしがいなかったらフリーで加藤にクロスをあげられていたでしょうからね
運動量は本当に大事ですね

今週やはり気になったのは風間のスタミナですよね
残り10分だし、そんなに休憩する時間もない・・・・
1点取って、同点にするには風間の存在は必要不可欠でしょうからね

今週は合併号なので、来週の配信はありません
次号は2週間後になりますね
楽しみです!
ではでは

posted by シェーリング at 00:00| Comment(0) | DAYS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月06日

DAYS 227th day 「それぞれの道」 ネタバレ&感想

DAYSの227話のネタバレと感想を書いていきます

スペシャルW扉巻頭カラー

聖蹟総動員バージョンとライバル集結バージョンがあります
やっぱりカラーでみんなの姿を見れるのはいいね!
水樹は雪玉を軽々と抱えている(笑)
やはり怪物・・・・

スマホで見ているから半分に途切れているのがやっぱり残念だなぁ~
コンビニに行って、この部分だけ立ち読みで眺めてきます

それでは試合の続きを見ていきましょう!

IMG_E7515.JPG

聖蹟ボールからのスタート

猪原がファインセーブを見せて、聖蹟はカウンターを仕掛けようとします
走っているのはつくしと水樹の2人
しかし、梁山の戻りが早く猪原は自分の足元にボールを落とします
梁山のラインが下がったことで聖蹟がボールを持つスペースができました
とりあえず、試合を落ち着けられそうです
ボールは猪原から佐藤へ
佐藤が前を向くとあれ!?前に風間がいねえ!!

とうとう風間はガス欠かな・・・・
交代枠が残されていないからかなりきついな
もう1点取るためには風間の力が必要になるだろうし



トップ下の位置に入った来須

佐藤のところにフォローに来たつくしをおとりに使い、来須にパスを出します
プレスに来たのは加藤で、来須はちょっと慌てながらもなんとかボールをキープします

ここで来須と生方の以前の会話について語られます
生方:「あんたトップ下できる?」
来須:「できるに決まってんだろ!俺をナメんなよ!」
生方:「違う 梁山相手に って意味」
来須:「・・・・君下先輩がいるじゃねえか」
生方:「あの人じゃ無理 多分本人が一番わかってる
梁山は他のどのチームよりそこの圧力が強い
なぜなら・・・・加藤一彦がいるから
そこで少しでも時間を作って欲しい」

これがあの時の内容でした
これを思い出して来須は
来須:冗談じゃねえ 史上最大の作戦じゃねえか!!

来須は君下みたいなパスセンスはないけど、ボールキープという点においては君下よりも上手いですからね
まぁ、とにかく相手が加藤となるとかなり大変なミッションになりますね





来須のプレースタイル

君下は来須のプレーを見て、思います
君下:加藤はパワーだけじゃねえ
小回りが利く上に頭もキレる
何より試合終了まで走り切れる
バカみてえなスタミナがある
勝負を避ける鈴木やスタミナ切れの風間はもちろん
俺には無理だが
お前の理想とすべきプレーは俺じゃねえ
もう俺を見るな
お前はお前のサッカーをするべきだ


来須がキープしている間につくしがフォローに来ますが、またもおとりに使って、君下にパスを出し、君下は水樹へとボールを出します

加藤相手にもなんだかんだきちんとボールがキープできましたね
来須のプレースタイルは君下よりも平に似ていますね



サイドで2対2

水樹がボールを持ち、国母がフォローに来て、サイドで2対2の場面になります
と思いきや、加藤も来ていた・・・・
これで聖蹟は数的不利な状況に
そして、水樹はあっという間に囲まれてしまいます

ここで水樹が何かに気づきます
その視線の先にいたのはつくしでした

IMG_E7516.JPG

つくしの運動量も加藤に負けていませんね
この短いプレーの間に3回も顔を出していますからね
パスコースが1つでも増えるのはとてもありがたい

気になるのは風間がどういう状態かということですね
最後まで描写されることはありませんでした
気になります・・・・

ではでは

posted by シェーリング at 01:29| Comment(0) | DAYS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする