2018年03月28日

サッカー日本代表 ウクライナ戦で思ったこと

3月27日に行われたウクライナ戦で思ったことを書きたいと思います

日本代表 1-2 ウクライナ代表
【得点者】
0-1 21分 オウンゴール(ウクライナ代表)
1-1 41分 槙野 智章(日本代表)
1-2 69分 オレクサンドル カラバエフ(ウクライナ代表)


日本が送り出した先発メンバーは概ね予想通りでした
大迫→杉本
昌子→植田
違っていたのはこの2つのみでした
大迫は怪我が心配だから大事を取って、出場はありませんでしたね

・DF
マリ戦は宇賀神がひどかったが、今回は高徳がひどかったですね
高徳一人が悪いというわけではないけど、本田との連携がいまいちだなと感じました

1点目の失点のシーンはプレスに行くのが完全に遅れていましたね
あそこでフリーでシュートを打たせたら、だめだよね・・・・
ちなみにシュートしたウクライナの選手はセンターバックだったのね

2失点目は完全にサイドを個人技で崩されての失点でしたね
あんなに綺麗に抜かれたら、そりゃ点取られるわ・・・・

右サイドバックは酒井宏樹しかないな・・・・

ウクライナは全体的にワイドに開いて、攻撃を仕掛けていて、真ん中が空くことがわかっているのに、誰もケアをしてないのはどういうことなのだろうか・・・・
ウクライナの選手が前を向いたら、日本のセンターバックがいるだけって展開が多々ありましたね
シュートを打つもよし、ドリブルを仕掛けるもよし、サイドに展開するもよし、
さぞウクライナの選手はプレーしやすかっただろうね


・MF
長谷部は相手の攻撃をいつものように摘む場面はありましたが、決定的なパスミスを何度かしましたね
あれは1点ものですよね
そして、不調だった長谷部を80分までなぜ引っ張った・・・・
三竿出すなら、もっと早く出せばよかったのでは?

柴崎は効果的なプレーを見せることができませんでしたね
裏に抜けるのもいいけど、今日の場合は杉本の所でキープができないのだから、裏に抜けることはできないだろ・・・・
相手のディフェンスと中盤の間でもっとボールを受けてほしかったです

・FW
杉本は今日何かしたのかな?
何度か右サイドでダイレクトで繋いて、杉本に当ててもそこでキープができないから攻撃にならない
大迫の代役は杉本ではだめですね
となると使いどころがないですね

本田に関してはいろいろな意見がありますが、私は良かったと思います
右サイドでキープできている場面もありましたし、右サイドからの攻撃もいい場面もあったと思います
しかし、本田はやっぱり真ん中でみたい
なぜ本田をサイドに置くことに固執するのだろうか・・・・
全く分からん
代わって出た久保も何もしてないし

原口の運動量は魅力的ですね
もっとドリブルでつっかけてほしいところ

交代で出場した中島がやはりマリ戦に続いて一番よかったですね
自分でやるんだという意思を感じるプレーでした
もっと長い時間見たかったな・・・・


今回のウクライナ戦での収穫
・中島が攻撃のアクセントになる
・大迫の代役は杉本や小林には到底無理

このくらいかな
他にも試合中に思ったことはいろいろあったけど、マガジン読んだら、忘れたわ(笑)

残り3か月切っていますが、どうなるか不安です
ではでは
posted by シェーリング at 03:35| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください