2018年03月14日

五等分の花嫁 第29話 「結びの伝説 3日目」 ネタバレ&感想

五等分の花嫁の29話のネタバレと感想を書いていきます

IMG_E8648.JPG

前回のお話は以下のリンクから

五等分の花嫁 第28話 「結びの伝説 2日目④」 ネタバレ&感想


3日目スタート

風太郎と一花は2日目の一件の後、三玖と五月に説明するだけではなく、先生にも説明することになり、大目玉をくらったようです
風太郎はしっかりと三玖と五月にもう一度、説明したいと考えています

三玖と五月に説明する描写は省かれましたね
まぁ、説明するだけだし、そうなるか・・・・
三玖と五月がどんな顔で説明を聞いているか少しだけでも見てみたかった気もするけど


3日目はスキーが自由にできるということもあり、四葉が風太郎を外に連れ出します
ちなみに、他の4人は何をしているかというと
一花は体調を崩して五月が看病していて、三玖は風太郎と一緒に四葉にスキーを教わるようです
二乃はたぶん友達と遊んでるんじゃないかな

風太郎と三玖は四葉からスキーを教わっていると、一花が現れます

風太郎:「体調はよくなったのか?」
一花:「ゴホ ゴホッ まだ万全じゃないけど心配しないで」
一花:「あと五月ちゃんは顔を合わせづらいから一人で滑ってるってさ」
風太郎:「そうか・・・」
四葉:「一花!! この二人 全然言ったこと覚えてくれない!」
風太郎:「それは俺がいつもお前に思ってることだよ」
一花:「じゃあ楽しく覚えようよ おいかけっこ 上手な四葉が鬼ね!」

風太郎はこの時を見計らって、三玖に弁明に行こうとします
三玖に追いついたと思ったら、一花でした
風太郎:「なんだ 一花 確認したいんだけど 昨日のこと誰にも言ってない? 言えないだろあんなこと・・・」
一花:「それって・・・」
風太郎:「一花 これ どうやって止まんの?」
一花:「えええっ 上杉君?」

このシーンだけど、これって一花じゃなくて、五月だよね?
たぶん五月が一花に変装してると思うんだけど、風太郎の呼び方が上杉君になってるし
一花は風太郎のことをフータロー君って呼ぶはずだし
初めの登場シーンからずっと五月だったパターンな気がします
風太郎が言いたかったことは学校をやめるということについてだろうけど、五月は知らない話だから違うことを思い浮かべてそうですね



風太郎ピンチ!

風太郎は止まることができず、そのまま雪につっこみます
すると、二乃が現れ、落ちた絆創膏を見て

二乃:「この絆創膏・・・ キンタロー君?」
風太郎:「にっ・・・ え? 違いますよ なんですかその変な名前」
二乃:「嘘! だってこれキミにしかあげてないもん って なんで逃げるの?」

風太郎はヤバいと思い、二乃から逃げます
逃げた先には雪山にスキー板が立て掛けられています
そこに四葉もやってきて、風太郎は挟み撃ちされる形になり、絶体絶命です

二乃はいいところにいましたね
四葉に捕まれば、二乃にばれるし、本当に絶体絶命の状況です


三玖と隠れて・・・・

完全に、追い詰められたと思われたら、雪山がかまくらになっていることが分かり、逃げ込みます
その中には三玖がいました
三玖も四葉から逃げていたみたいです
三玖がかまくらの中から風太郎を引っ張って、中に引き込んだ感じかと思います

かまくらの中で、四葉からどうやって逃げようかという話になります

風太郎:「どうやって逃げ切ろうか」
三玖:「四葉にはハンデ貰おうよ 何か・・・荷物を持ってもらって 足の速さを平等に!」
風太郎:「ま その方が盛り上がるな だが俺はあまり好きじゃないな」
三玖:「え・・・」
風太郎:「お前たち五人は恐らく元は同じ身体能力だったろ 五つ子だし
だったら あの運動能力は四葉が後天的に身につけたものだ」
三玖:「そうだけど・・・」
風太郎:「遊びで何言ってんだ って話だけどさ その努力を否定したくない
全員平等もいいがそこに至るまでを否定しちゃいけない
平等じゃなくて公平にいこうぜ

そう言って、風太郎はかまくらから出ます
三玖は一花に電話を掛けます

三玖が一花にキャンプファイヤーで風太郎と踊るのを譲ってと一花に話すのかな?
三玖が積極的に動き出しそうですね!



今回は五つ子がスキー用品をつけているから誰が誰だか分かりにくい
登場がなかった五月はたぶん一花に変装してると思うんだよな
上にも書いたけど、呼び方が違うからね
五つ子の風太郎の呼び方はそれぞれ違うからね

五等分の花嫁のクイズのPart3も公開したので、暇なら読んでみてね

五等分の花嫁 クイズ 全問正解できるかな? Part3


ではでは






【五等分の花嫁の最新記事】
posted by シェーリング at 03:52| Comment(0) | 五等分の花嫁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください