2018年04月18日

DAYS 244th day 「敗れ往く者」 ネタバレ&感想

DAYSの244話のネタバレと感想を書いていきます

前回のお話は以下のリンクから

DAYS 243rd day 「喝采を君に」 ネタバレ&感想


梁山ロッカールーム

今週は全て、梁山サイドのお話です

碇屋の怪我は最後のボレーの前に水樹を股抜きした時に足首を捻ったものみたいです

これに気づいていたのは加藤と水口監督だけだったみたいです

水口監督:「ご苦労様 いい試合だったわ
負けちゃったけど それは本当・・・」
あの人は何度もこんな思いをーーー
「正直 負けた時の言葉を用意してなかった
だけど私は指導者である前に教師だから
未来の話をしなければなりません
今日がスタートラインだと
あなた達はまだこれからだと
進学する者 サッカーを続ける者
また別の道を選ぶ者 更に上のステージを選ぶ者
・・・もし可能なら
この仲間と過ごした3年間を
辛い時も苦しい時もあたtけど
どうか 梁山サッカー部を忘れないで・・・
忘れないでください
ごめん 泣かないつもりだったのに ごめん」

水口監督が泣いて、もらい泣きですわ・・・・
最後の試合だからそれぞれの道を歩むことになりますからね・・・・
辛いけど、水口監督が言うように今日がスタートラインですからね


さなぎがマルコのユニフォームを洗濯するために回収に向かいます

ユニフォームをさなぎに渡したかと思ったら、マルコはもう一度自分の方にユニフォームを近づけます

マルコ:「初めてもらったユニの番号は22だった
つくづく2に縁がある
加藤は浦和 碇屋は横浜 俺は大都会大阪
上手くやれるだろうか 梁山みたいに」
終わりなんだ 終わりなんだな
高校生は楽しかったのに

さなぎ:「2番 たしかに受け取りました」

マルコとさなぎが泣いている姿に水口監督の涙に引き続き、もらい泣きですわ
加藤、碇屋、マルコのプロでの所属先は明かされるのは初めてだよね?
プロで彼らが戦う姿も見たいね!


加藤は一人ロッカールームを後にして、ピッチへと向かいます
そして、ピッチに向かって、礼をします

今週はここまでです

最後まで加藤のキャプテンシーは素晴らしかったですね


来週は碇屋のユニを回収する場面が描かれて、聖蹟側のロッカールームに移るのかな?
来週も楽しみですね!!!
ではでは









posted by シェーリング at 03:01| Comment(0) | DAYS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください