2018年04月11日

DAYS 243rd day 「喝采を君に」 ネタバレ&感想

DAYSの243話のネタバレと感想を書いていきます

IMG_E9244.JPG

前回のお話は以下のリンクから

DAYS 242nd day 「最後の瞬間」 ネタバレ&感想


聖蹟対梁山、激闘決着!!

実況:「試合終了ー!! 4対3!! 聖蹟の勝利ー!!
奇跡の大大大逆転劇!!
ベスト8に進むのは東京の名門!!
3点を先行され 一時 絶望的だった差は
後半20分にエース水樹が1点を返すと
その勢いのままにハットトリックで同点
最後はATにルーキー風間が決めて逆転!!
最後まで諦めなかった聖蹟が
大金星を上げました!!」

聖蹟メンバーはみんな大喜びです!
相庭が保科に「今日も宿舎行くか!」と声を掛けています
病室ではゆきが号泣して、生方に抱きつこうとしています


実況:「まさかまさかの結果です!!
前回・・・そして 夏のIH王者の梁山がここで姿を消します
立ち上がれない梁山イレブン
キャプテンの加藤くんが声をかけて回ります」

聖蹟とは対照的に梁山はピッチに倒れこんでいます

加藤:「こういう日もあるぅ さあ立て お終いだぁ 並ぼうかぁ」

選手同士が握手をしていて、つくしが加藤と握手する時

つくし:「あ!! ありがとうございました!! ありがとうございました!!」
加藤:「最後のワンプレーだけでなくぅ 試合を通してぇ 凄く良かったぁ」

加藤がかっこよすぎる・・・・
さすが王者のキャプテンですね



聖蹟メンバーはスタンドへとあいさつに向かいます
そして、中澤はインタビューを受けます

インタビュアー:「采配がズバリでしたね」
中澤:「いや自分は全然 名前だけの監督なんで
いつもあの子たちには教わることばかりです
私たちは本能的には知ってるんでしょう
ただ これがなかなかできない
どんな立場でも どんな結果でも
目の前の物事に対して 我々ができることは
微力を尽くす それ以外ないと


次号「最後のロッカールーム」につづく

今週はここまでです


最後の中澤の言葉にはグッとくるものがありました
どんな小さなことでも積み重ねることが大事だと頭では分かっていても、それがなかなかできないのが人間
それを少しでも、微力でも、頑張っていくということが大切ですね

来週は梁山サイドのロッカールームの話になりそうですね
梁山も本当にいいチームだったな

来週も楽しみですね
ではでは









posted by シェーリング at 01:37| Comment(0) | DAYS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください