2018年01月24日

DAYS 232nd day 「不協和音」 ネタバレ&感想

DAYSの232話のネタバレと感想を書いていきます

IMG_E8125.JPG

前回のお話は以下のリンクから

DAYS 231th day 「俺がいる限り」 ネタバレ&感想


試合再開!

試合時間は残り7分!
延長はないので、同点のままだとPK戦になります
両チーム激しくボールを奪い合います
梁山はポジションを変え、3バックにして、両サイドをあげてきています
すなわちマルコがガンガンに上がってくるということです

8ページ目までざっくりいうと聖蹟と梁山がボールを奪い合っています
残り時間がないので、どちらも早く攻めて1点欲しいですからね


梁山の過去

さなぎ:去年 この大会を制し 新チームで夏のインハイも日本一になった
だけど私たちだって何の苦労もなく ここまで来たわけじゃない
むしろ常に崖っぷちな感じだった この一年間は本当に必死だった
選手と監督のことは私にはわからないけど みんなが頑張ってきたのはずっと見てきた・・・・!!

試合時間は残り6分
碇屋:ババア・・・なんて顔してやがる
お前はあの時も そんな顔をしていた・・・

ここからは梁山の回想に入ります

碇屋:「ちっ 呼び出しやがって 用があるならてめえが来いっての」
ドアを開けると、中には加藤がいて
碇屋:「なんだ 一人じゃねえのかよ」
加藤:「んー そのようだぁ
妙だと思わないかぁ 何かある気がするぅ」
碇屋:「知らねえよ 本人に聞け」
そこに水口監督がやってきます
水口監督:「悪いわね この時間しか取れなくて
代表で一か月近くチームを離れるあなた達には先に言っておこうかと思って
不本意ながらこういう形をとらせてもらったの」
碇屋:「前置きはいい 用件は?」
水口監督:「水口監督(父)は3月で退任
新チームは私が全面的に請け負うわ」
碇屋:「それは決まりか?」
水口監督:「残念ながら覆らないわ」
碇屋:「・・・・・・わかった さあ練習だ」
加藤:「良介ぇ まだ話は終わってないぃ 理由は聞かないのかぁ」
碇屋:「別に聞いたところで何かが変わるわけじゃねえ 時間の無駄だろ」
加藤:「まあ 良介の言うことも一理あるぅ
俺たちも子供じゃないぃ 何があったのかくらい察しはつくぅ
理由はあえて聞かないぃ さあ今日も元気に部活ぅ」


加藤が部室に向かっていると、部室の前に立って、中に入らない碇屋がいて
加藤:「どうしたぁ 何故入らないぃ?」
選手1:「マジか監督辞めんの?」
選手2:「なんでこの時期にって感じだよな 何も聞いてねえし」
選手3:「後任はどうすんだよ」
長作:「コーチがしばらくそのまま見るって」
瀬戸:「秋子ちゃんが?」
選手3:「あの人 理屈っぽいんだよね」
中野:「「良んじゃねえの 一時的にってことだろ
俺たちが1年の時からコーチとしてずっと帯同してるし 外様よりチームのこともわかってる
選手4:「まあ娘だし?」
選手5:「でも女だし?」
選手6:「あ それ差別」
選手5:「悪り 今のは取り消し」

顔見ても分からない人は選手1という感じに表記しています
ちなみに長作は梁山の11番のFW、瀬戸は3番のDF、中野は1番のGKの人です


加藤:「んー噂ってのはどこから広がるのかねぇ」
碇屋:「バカばっかりだ」

加藤と碇屋はこの状態のまま代表に1か月行くのはつらいですね
女性の監督というのは少ないので、こういう会話になるのも分かりますが・・・・
しかも、まだ高校生ですからね

試合の方ですが、残り7分となりましたね
ロスタイムもあるでしょうけど、どちらもボールを保持して、攻めに転じたいところですね
PK戦も見てみたい感はあるけど・・・・
それでは来週も楽しみに待ちましょう
ではでは


posted by シェーリング at 02:32| Comment(0) | DAYS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください