2017年12月06日

五等分の花嫁 第17話 「夜の勉強会」 ネタバレ&感想

五等分の花嫁の17話のネタバレと感想を書いていきます

IMG_E7519.JPG

とりあえず、上の画像の三玖かわいいな
一花はきちんと三玖の気持ちに気づいていますね!

風呂上がりの風太郎

風呂上がりなのに汗をかきながら(冷や汗)風太郎は二乃に試験対策に誘いますが、あっさりと断られます
そして、風太郎は思います
風太郎:どうする!?赤点で解雇なんて二乃にとっては好都合・・・・
絶対勉強に勤しまない
勤しまないことに決まってる!

まぁ、そうでしょうね
風太郎を良く思っていない二乃があの話を聞いて、素直に参加するとは思えませんからね


その後、風太郎はみんなに教えてほしいと言われて、きちんとそれに回答して、自分が有能であることを二乃に証明しようとしています


三玖の質問

そんな時に三玖がまさかということを聞いてきます
三玖:「教えてほしいこと・・・・好きな女子のタイプは?

三玖のまさかすぎる発言が飛んできました
三玖がアプローチするようにフォローしていた一花も「えっ」って言っています


風太郎はこの質問を利用して、風太郎の好きな女子要素トップ3をノートを1ページ埋めるごとに発表するように言います
そうすると、三玖と四葉はせっせと勉強を始めます

そして、ノートを埋め終わり、ベスト3が発表されました
第3位 いつも元気
第2位 料理上手
第1位 お兄ちゃん思い
でした(笑)

これに対して、二乃がツッコミを入れます
二乃:「それあんたの妹ちゃん!!」
風太郎:「なんだよ二乃 盗み聞きして・・・
どうせならお前も勉強するか・・・?」
二乃:「聞きたくなくても耳に入るわよ」

さすがに風太郎のベスト3発表には二乃も気になっていたみたいです
ちなみにこの条件に三玖が全く当てはまってない件について・・・・
三玖が質問したのにね・・・・


ここでまたしても一花が三玖へとフォローを入れます
一花:「三玖 もう課題終わらせてるよ
フータロー君 頑張った人は褒めてあげないとね」
このように言って、風太郎が三玖の頭を撫でました

ナイスフォローや一花

五月登場

風太郎たちがうるさかったみたいで降りてきたみたいです
そして、三玖からヘッドホンを貸してもらいます
三玖:「いいけど なんで?」
五月:「一人で集中したいので」
風太郎:「お前のこと信頼していいんだな?」
五月:「足手纏いにはなりたくありません」

この会話を聞いていた一花が風太郎をベランダに呼び出します


風太郎と一花の会話

一花:「五月ちゃんと喧嘩でもしちゃった?」
風太郎:「いつものことだ」
一花:「フータロー君と五月ちゃんは顔を合わせるたび喧嘩してる
二人は似た者同士だから」
風太郎:「似た者同士ってお前が言うか・・・・」
一花:「二人には仲良く喧嘩してほしいな」
風太郎:「・・・・矛盾してる」
一花:「そう?あの子も意地になってるんだと思う
フータロー君は違う?
昔から不器用な子だったから
素直になれないんじゃないかな
きっと今も一人で苦しんでる
私にやれることはやってみるけどフータロー君にしかできないことがあるから
お願いね」

一花が喋っているときに五月が涙を流しながら勉強している描写が入ります

一花の言葉を受けて、「ちゃんと長女してんな」と言って、一花の頭を撫でます
そうすると、一花は「・・・何 この手」
風太郎・・・・さっき言われたのにね

一花:「もう秋なのに暑いね」
風太郎:「はぁ?もう寒いだろ 中入るぞ」
ここで一花が照れている描写が入ります

一花が照れている姿もいいね!

風太郎の寝る場所は?

四葉と三玖の意見により、風太郎は三玖のベットで寝ることになりました
三玖は一花と同じベットで寝るみたいです
相変わらず、一花の部屋汚い・・・・

夜中にトイレに行くために起きた三玖は寝ぼけていて、三玖の部屋で寝ている風太郎の布団に入り寝てしまいます
さてどうなることやら・・・・


一花が照れたことや三玖が間違えて風太郎が寝ている布団に入ってしまったことよりも五月の涙が・・・・
早く2人には仲直りしてもらいたいですね
ではでは

【五等分の花嫁の最新記事】
posted by シェーリング at 02:05| Comment(0) | 五等分の花嫁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください