2017年11月29日

DAYS 226th day 「備える人」 ネタバレ&感想

DAYSの226話のネタバレと感想を書いていきます

IMG_7436 (2).PNG

猪原について亜土夢と浦の会話

亜土夢:「やっぱり理解に苦しみますね」
浦:「何がだ?」
亜土夢:「猪原ですよ 今のプレー見ました?
1対1の局面でピクリとも動きませんでした」
浦:「自分から前に出るお前とは真逆だな
判断が遅いって言いたいんだろう」
亜土夢:「いや今のはあれが正解です
先に動いていたら11番は逆を突いてきたはずです」
浦:「・・・・なるほど・・・・かもしれないな」
亜土夢:「度胸がいるんですよ
こっちから仕掛けたほうが楽なんです
ふつうは我慢できなくなる
動かない勇気 それも優れたGKの資質のひとつ
そんな会話をしている中、他の観客は「聖蹟のGK鈍くせーな」とか言っています
亜土夢:「GKの苦悩はGKにしかわかりませんよ
その逆もまた然りというやつです
まあ碇屋レベルなら当然気づいているでしょうけど」

GKにもそれぞれスタイルがあって、違った考え方があるだろうけど、亜土夢が言うように自分から動いて仕掛けたほうが楽でしょうね
GKにどういうスタイルが正解かというのはないでしょうし、猪原のスタイルも亜土夢のスタイルも面白いですよね



梁山のCKのチャンス

キッカーはもちろん碇屋
左サイドからのCKを左足でニアに蹴ってきました
そこには志村とマルコが走ってきています
しかし、ボールは直接ゴールへと・・・・
ボールはしっかりと枠に入っていましたが、猪原が触って、なんとか止めました
止められた後、碇屋は悔しがっており、やはり直接狙っていたようです
ここで梁山のGKの中野が猪原のプレーを見て思います
中野:これも飛び出さなかった
周りの動きにつられることなくボールの球筋をよく見て予測して動いたんだ
俺みたいなのるタイプとは違う
3失点しても全くブレず そのスタイルを変えない
精神力は尊敬に値する


みんな猪原を誉めまくってますね
3失点もこの大舞台でしてしまったら多少なりとも動揺するだろうけど、猪原にはそういうのが全く感じられませんね
それにしても、左のコーナーで左足でアウトカーブかけてゴールを狙うって・・・・
しかもしっかりと枠を捕らえてるとか・・・・
碇屋本当に恐ろしいわ





聖蹟ベンチでの会話

聖蹟のベンチでGKはどんな練習をしているかという話になります
それについて、今帰仁が答えます
今帰仁:「猪原先輩との練習はすごーーく退屈だよ」
最後の全体のミニゲームまで何度も基本練習の繰り返しをしているようです
今帰仁:「年間に1本飛んでくるかどうかっていうレベルで雨の日なんて痛いし汚れるしで最悪でそれでも何百何千って繰り返ししている」


再び梁山のCK

碇屋は普通に蹴りこんではこずに、ペナルティエリアの外にいた加藤にグラウンダーでパスを出します
つくしがそれに反応し、シュートを打たせまいとしますが、加藤は密集地帯にグラウンダーでシュートを打ってきました
それを11番がコースを変えて、ゴールに流し込もうとします
しかし、猪原が反応して、止めました!
猪原:年間通してあるかないか・・・・
ふむ ないかもしれん
なければないで構わん
しかし あった場合 確実に止めねばならん
今帰仁・・・GKとはそういうポジションだ


IMG_7438 (2).PNG

先週も今週も猪原がかっこいいな
今回はしっかりとキャッチできたので、来週は聖蹟が久しぶりにボールを持てますね
3点目を目指して、梁山ゴールを脅かしてほしいです!
ではでは

posted by シェーリング at 01:52| Comment(0) | DAYS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください