2017年09月06日

DAYS 214th day 「ゲーゲンプレス」 ネタバレ&感想

DAYSの214話の感想を書いていきたいと思います

IMG_7141 (2).PNG

213話では聖蹟が梁山攻略の糸口を見つけましたね
そして、君下からのロングボールに大柴が競ろうとしたところで213話は終わりましたね
その続きからです!

君下から大柴へのボールに大柴と志村と瀬戸の3人が競り合いました
1対2の影響もあり、大柴は競り負け、そのボールをマルコが拾いましたね
前には碇屋がボールを受けようとしている・・・・・
また、カウンターを食らってしまう・・・・やばい~~~

しかし、マルコが碇屋にパスを出そうとしたら、
水樹、臼井、鈴木の3人が既に寄せていた!!!
生方が言っていた最も確実に点を取る方法とは「相手ゴール前でボールを奪うこと」でしたね!
これは今回のタイトルにもなっている通りゲーゲンプレスというものですね!
いやー、読み始める前にタイトル見て、ビックリしましたよ(笑)
まさかゲーゲンプレスという言葉が出てくるとは・・・・・





知らないという方のためにゲーゲンプレスについて簡単に説明をしときますね

簡単に説明すると、相手のボールの取る位置を限定して、ボールを奪い、ショートカウンターを仕掛けるみたいなものですね
かつてドルトムントの監督であったユルゲン・クロップが浸透させた戦術です

それでは話を戻して
マルコは外に出そうとしますが、臼井がなんとか足に当て、そのこぼれ球に風間と加藤が反応
風間はボールを浮かして、加藤をかわしますが加藤がなんとかボールを守り、クリアしましたね

梁山の選手もかなり驚いていますね!
高校生のレベルでこんな難易度の高い戦術が成功できるとは思いませんもんね
きちんとボールを取り切れなかったので成功とは言えないかもしれませんが・・・・
通用するということは分かりましたね!!!

コーナーキックの準備をしている間に両校に動きが!!!
梁山は荒井という選手を投入する模様
聖蹟はとうとう柄本の投入の準備を始めましたね!!!
こぼれ球を拾うという点に関しては聖蹟の中では1番ですからね!!!
聖蹟の選手交代は単純明快ですが、梁山の方の荒井という選手はどういう選手なのだろうか?
梁山からすればゲーゲンプレスをさせないためには君下のところからのロングボールをあげさせないのが1番だし、そこを潰すために入れてくるのかな?
ボランチの位置の君下をマンマークさせるのかな?
う~~~ん、なんか違うような・・・・
ポジションも分からないからここは何とも言えませんね
来週を楽しみに待つしかなさそうです

点は入りませんでしたが、柄本の投入により、さらにチャンスが増えそうな予感がしますね!
残り時間もそう多くはないでしょうけど、早く点を返してほしいです!

2時からは日本とサウジアラビアの試合が始まりますね!
ワールドカップ出場は決まったけど、これからメンバー内で生き残りをかけた戦いが始まるとなると楽しみです!
完全アウェーだろうけど、勝って、最終戦を締めくくってほしいです!
ではでは


↓応援よろしくお願いします

にほんブログ村
posted by シェーリング at 01:11| Comment(1) | DAYS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
荒井の登場でドリフターズ全員が出場となりましたね。
仲本は全く仕事してないけど。
Posted by はらへり at 2017年09月11日 19:26
コメントを書く
コチラをクリックしてください