2017年07月26日

DAYS 209th day 「執念の風」 ネタバレ&感想

DAYSの209話の感想を書いていきます

IMG_6709 (2).PNG

208話では風間がキーパーをかわして無人のゴールにシュートを放ったがゴールラインぎりぎりでまさかの碇屋がクリアしましたね
その続きから書いていきます

碇屋がゴール前まで戻ってディフェンスをすることは代表の時ですらなかったらしいですね
それほどまでに聖蹟が押し込んでるということですね
会場全体が聖蹟が強いということを完全に認めましたね!!
今の王者の梁山がここまで守備にまわっているという内容でそう思わないわけないですよね

君下が言っているように3年生が流れを引き寄せてますね
速瀬はおとりになり左サイドをひっぱっている
灰原は無尽蔵のスタミナで右サイドを走り続けている
臼井はボランチというポジションでセカンドボールをことごとく拾って攻撃に繋げている
水樹は攻撃での影響もあることながら、マルコを止めたという守備面での新たな可能性を示している
君下と風間が思っているように
というか1,2年生は3年生とサッカーをずっと一緒にやっていたいと思いますね






カウンターを食らいマルコのところにボールが渡ろうとした時
速瀬が戻って止めてそれからまた速瀬がまたサイドを駆け上がりましたね
サイドバックの速瀬と灰原の運動量が完全にマルコを上回ってるな

そして、最後の場面
速瀬から水樹にボールが渡り、エリア内で加藤と1対1・・・・
この2人の1対1って今まであったっけ?
水樹vsマルコ&加藤ならあったけどね
ここで止められるのは避けたいな
このいい流れでエースが止められるのは避けたい

次号「最初の奇跡」につづく

これは1点返せると考えていいのかな??
期待しちゃいますよ!!
この流れで1点も取れないのは試合が決まりかねないからね
水樹が加藤を抜いてゴールでいいのかな?
頼む!!水樹決めてくれ!!


水曜日に書きたい記事が多すぎる・・・・
DAYS、アホガール、NEW GAME、
そして、フェアリーテイルが最終回を迎えたからそれについても書きたいんだけどな・・・・
異世界食堂と異世界はスマートフォンとともにの更新は一旦ストップさせていただきます
さすがに毎週火曜と水曜に3記事も更新するのは無理がありました・・・・
2つとも見続けて入るんですけどね
時間が欲しい・・・・
とりあえず、アホガールとNEW GAMEの分はこの後書こうかな
ではでは


↓応援よろしくお願いします

にほんブログ村
posted by シェーリング at 01:25| Comment(0) | TrackBack(0) | DAYS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック