2017年06月19日

コナン雑学 Part5 リンゴの種が毒???

80巻 FILE.7 魔法の鍵

IMG_5641 (2).JPG

まだ、コナン君が世良ちゃんの八重歯になんとなく見覚えがあるけど、まだ思い出すには至ってませんね
お話の最後にコナン君が世良ちゃんに「ボクとどこかで会った事ある?」って聞いた時の世良ちゃんの笑顔が本当にかわいい!

今回の雑学ですが
タイトルにも書いた通りリンゴの種には毒が含まれているということです

リンゴの種にはアミグダリンという成分が含まれいて、そのアミグダリンが加水分解されるとシアン化水素が発生します
シアン化水素とはコナンの事件でよく出てくる青酸カリのことですね
アーモンド臭がするってやつです

ちなみに、加水分解とは字の通り水と加えると分解するということです

「リンゴの種食べたことあるんですけど」って人がいると思いますが
世良ちゃん曰く、「リンゴ10個程度の種の数なら青酸中毒にはならない」らしいので特に日常生活で気にする必要はありませんね
リンゴを一気に10個も食べることなんて普通ありませんからね

私もリンゴ好きですけど、そんな量を一気に食べることはないですし
せいぜい2個ぐらい・・・

食べ物に毒が含まれている食べ物が他にないか調べてみました
・フグ
・ジャガイモの芽
・桃の種
・さくらんぼの種
・トマト
などなど他にもまだありました

フグとジャガイモの芽については毒があることは知っていましたが、一番驚いたのはトマトです
ミニトマトとかずっと食べていられるぐらい好きなので驚きました
毒があるといっても色が青い段階のトマトや茎や葉にあるみたいです
たくさん食べすぎると腹痛になるらしいので気を付けてくださいね

桃の種とさくらんぼの種はリンゴの種と同じ原因です

身近な食べ物に意外と人間にとって毒となるものがあって驚きました
ではでは

posted by シェーリング at 10:00| Comment(0) | 名探偵コナン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください