2017年12月27日

五等分の花嫁 第19話 「焦りのデスロード」 ネタバレ&感想

五等分の花嫁の19話のネタバレと感想を書いていきます

IMG_7804 (2).PNG


朝起きると・・・・あれテストの開始時刻って・・・・

五月:「中間試験 オール100点でした」
一花:「私たちも100点だったよ」
二乃:「認めてあげるわ あんたは立派な家庭教師よ」
風太郎:なんじゃこりゃ~ 大成功だ~ なんかこれ~ 「夢みたいだ!」

風太郎の言う通り、夢でした
テスト前日も中野家に泊まり込みで、風太郎たちは試験勉強をしていたみたいです

風太郎が起きた後、五月も起きます
そんな時に風太郎が何かに気づき、五月に話しかけます
風太郎:「確認だがうちの学校は8時半登校だったよな」
五月:「そうですね それから15分後に試験開始です」
風太郎:「ふむ・・・あの時計・・・・壊れてたりしない?」

時計は8時15分を指しています
試験開始まで残された時間はたったの30分のみ
みんな、慌ただしく学校に行く準備を始めます

テストの日に30分前に起きるって・・・・
家から学校までかなり遠いみたいじゃないので、急げば間に合うみたいです
それにしても、また風太郎は中野家にお泊りとは・・・・
羨ましいですな



学校までの道のり

四葉はみんなより体力があり、みんなを置いていって、先に行ってしまいました
二乃はスッピン見せたくないし、メイクしたいと言い出します
三玖は道で歩いているおばあさんの荷物を持って一緒に歩いてあげています
五月はお腹が空いて力が出ないと言い出します

五つ子なのにみんなやることがバラバラすぎる(笑)
あと、最近五月が本当に可愛すぎるのだが



迷子の少年を発見

一花と三玖が迷子になっている男の子を見つけ、話しかけます
男の子:「I wanna meet my mommy・・・.」
まさかの英語で、みんな目が丸くなっちゃいます

そんな様子を見ている中、今回の試験について二乃から風太郎は言われます
二乃:「急いでるみたいだけど間に合ったとして赤点なんて回避できると思ってるの?
言っとくけど 私はパパに真実をそのまま伝えるから
あの子たちも頑張ってるみたいだけど 果たしてどれだけできるやら」
風太郎:「短い期間だったが俺にできることは全部やったつもりだ
お前も・・・・頼んだぞ」

場面は戻り、男の子と会話をします
男の娘:「Where is the hospital?」
三玖:「! 今・・・・ホスピタルって言わなかった?」
一花:「む~・・・・ Did you・・・go to the hospital with your mother?」
すると、男の子は首を縦に振ります
そして、男の子を無事お母さんの元へ送り届けることに成功しました

あれ程まで、勉強できなかった子たちが簡単な英語とはいえ、英語を聞き取り、話すことができましたね
簡単なことだけど、意外と難しいことだと思います



タイムオーバー

男の子を送り届けることはできたけど、時刻は8時33分になってしまいました
校門の前には生徒指導の先生が立っているので、絶望的かと思いきや、風太郎がドッペルゲンガー作戦を思いつきます

作戦は四葉が学校にいるのを確認したので、一度登校した生徒なら生徒指導も厳しく言えないだろうという考えから、4人に四葉のドッペルゲンガーになるというものです

なかなかいい作戦を考えた風太郎
けど、よくよく考えたらこれって風太郎は???どうすんの???



ドッペルゲンガー作戦

一花、二乃、三玖、五月が四葉がいつもしているリボンを頭につけ、生徒指導の目から逃れ、学校に入ることができました
五月:「先生を騙すなんて私はなんて無礼を・・・・」
二乃:「あんた真面目すぎ」
四葉:「良かった みんなは入れたんだね」
一花:「ほら 切り替えないと足元掬われるよ ここからが本番だから」
五月:「いよいよですね・・・・」
三玖:「大丈夫かな・・・・」
四葉:「あれっ 上杉さんは?」
一花:「・・・・・」

IMG_7809 (2).PNG

なぜ風太郎までリボンをつけたんや(笑)
今週のマガジンで1番笑わせてもらいました



テストへ!

先生に生徒指導室に引っ張られる中、風太郎は5人の姿を見つけます
風太郎:「早く行け!」
三玖:「・・・・でも」
風太郎:「俺がいなくても大丈夫だ 努力した自分を信じろ」
三玖:「うん!」
一花:「いい点とってフータロー君を驚かせちゃお」
四葉:「ほら二乃も」
二乃:「な なんで私まで・・・・」
五月:「死力を尽くしましょう」
みんなで指を繋いで頑張るぞ!おーっ!!


とうとう試験当日が来ましたね!
ぜひみんな高得点・・・・赤点は逃れてもらいたい!

今週号のマガジンは合併号なので、次の話は2週間後になります
また長いですね~
楽しみに待ちましょう!
ではでは

posted by シェーリング at 04:53| Comment(0) | 五等分の花嫁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DAYS 229th day 「土台」 ネタバレ&感想

DAYSの229話の感想とネタバレを書いていきます

IMG_7808 (2).PNG

合併号で前回の話を忘れている人は以下のリンクから228話を見てから見てね!

DAYS 228th day 「その理由」 ネタバレ&感想


つくしの成長

梁山がスローインからサイドチェンジをして、風間がいる右サイドへと展開します
風間はガス欠寸前なので、サイドバックの位置に入っている佐藤が指示を出します
佐藤:「風間 無理して寄せなくていい!!」
と言った瞬間にボールに寄せる聖蹟の17番が・・・・
そう!つくしが懸命にボールを追いかけます

そんなつくしの姿を見て、聖蹟のみんなは思います
佐藤:・・・違う いつもの柄本じゃねえ
いつからだ 全国に入ってからか?
でも昨日の一星戦はこんなんじゃなかった
来須:試合前のアップの時はまだ妙だった
何かが吹っ切れたから!?
君下:変わってやがる
大柴:「取るまで休むな!!」
中澤:昨日と比べてというレベルじゃない
鈴木:「すげえ」
白鳥:「いつか来ると思っていた こんな日が」
生方:「積み木みたいだなって思った
努力をするとか積み重ねるとか 誰にでも言われるでもなく 
コツコツ 崩れても直して 繰り返して
こぼれ球を拾ったり シュートのコツだったり 切り替えの意識だったり マークを外す動きだったり
人によって違うんだと思うんだけど あいつの場合 一番下の段はきっと"走ること"
それを最初に教わったから そこが一番固くて広い その土台があいつを支えている

臼井:入部当初の背中を思うと およそ信じられないな
この展開でこれ程頼もしい後ろ姿は他にはない

臼井にここまで言わせるほどのつくしの存在感
鳥肌が立ちっぱなしでした



聖蹟の速攻

碇屋への縦パスを大柴が止め、こぼれ球を臼井が拾います
前を向くと、水樹が一言
水樹:「来い 決めてくる
つくし:「前です!!」

水樹にボールが渡り、マルコと加藤が2人で寄せてきます
中で待っているのはつくしだけですが、水樹はやや強引にアーリークロスをあげます
志村がクリアしようとすると、その前につくしが割って入ります


聖蹟大チャンス!そんな時、つくしの母は?

場面は変わり、つくしの母親が仕事終わり、帰ろうとしているとき、車の中でラジオをつけると、
実況:「これは聖蹟チャンス!! 柄本くんがGKと1対1!!」

試合を一切見ていなかった母がラジオをつけると、ちょうど聖蹟のチャンスで、つくしがボールを持っているという状況
なんというタイミングなんだ!
ぜひ仕事場に戻って、江崎さんと一緒に試合を見てほしい!



合併号だったので、先週はマガジンが発売されず、待ちに待った発売日でしたね
まぁ、今週号も合併号だから、来週のマガジンはないのですが・・・・
次のマガジンは2週間後です・・・・
まぁ、正月だし、漫画家の先生たちにはゆっくり休んで、また2018年も面白い漫画を描いてほしいです!

ネタバレ記事のレイアウトをちょくちょく変えているけど、まだ、読みにくい感じが否めない
どう改善したらいいのだろうか
最初の頃のネタバレ記事よりかはよくなっているとは思うけど・・・・
ではでは









posted by シェーリング at 04:03| Comment(0) | DAYS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月26日

僕たちは勉強ができない 桐須真冬が可愛すぎる件 画像あり

現在、少年週刊ジャンプで連載中の「ぼくたちは勉強ができない」の登場人物である桐須真冬先生が可愛すぎるので、まとめてみました


あらすじ

父を亡くし質素な生活を送る唯我成幸は、大学の学費が免除になる"特別VIP推薦"を得るため、一ノ瀬学園が誇る3人の天才、理珠・文乃・うるかの"教育係"をすることに!!

感想

・主人公は勉強ができる
・ヒロインたちは勉強ができない(得意科目以外)
・ヒロインたちはもちろん可愛い
・主人公がヒロインたちに勉強を教える
・主人公の妹がいる(ブラコン気質あり)
・主人公は貧乏

あれ???なんか私が最近一押ししている漫画の内容と似通ってるな(笑)
まぁ、そんなことは今回はどうでもよくて、この『僕たちは勉強ができない』に登場する桐須真冬先生というキャラクターにスポット当てて、紹介したいと思います

桐須真冬(きりすまふゆ)

一ノ瀬学園教師で理珠と文乃の初代"教育係"。才能がある人間はそれを活かすべきと、二人に進路変更を勧めた。実はいい人で、意外なズボラな一面も・・・・!?

真冬先生は単行本では2巻の終わりの方で登場しました!
2巻、3巻を読んでいる頃はそこまで気にしているキャラクターではなかったのですが・・・・
4巻のあのシーンですべてが持っていかれました(笑)
今回はそのことについて書きたいと思います

学校ではきちんとスーツで決めている先生ですが、普段の生活では・・・・

IMG_7757.JPG

普通にジャージで出歩いているようです
コンビニの前で肉まんを買って、食べています・・・・
学校の姿とは全く違いますね

違うジャージver

IMG_7760.JPG

唯我よ
先生の家に上がれてとても羨ましいぞ!
部屋はめちゃくちゃ汚かったけど(笑)
真面目そうに見えてかなりズボラな人です(笑)


他の先生方の真冬先生の家での姿の想像はこんな感じ

IMG_7770.JPG

この欠片すら感じられない(笑)
まぁ、ここまできっちりされてるのもね

4巻で全てが持っていかれたのは子の姿です

IMG_7772.JPG

そう!メイド服です!!!
そして、この言葉!

IMG_7773.JPG

完全にこのシーンで語彙力を失いました
反則球に可愛すぎる!
恥じらいながら、「お おかえり・・・なさいませ ご主人様・・・」
語彙力を失うのも仕方がないな

そして、ドジっ子属性つきです(笑)

IMG_7774.JPG

どう転んだらバケツの水をかぶることになるのか(笑)
全てがパーフェクトでした

3巻までは文乃が1番かわいいな~とか思っていたけど、真冬先生のメイド姿で逆転されました
みなさんはどのキャラクターが好きですか?
『僕たちは勉強ができない』を読んだことがない方はぜひ読んでみてください
まだ4巻までしか出てないので、すぐに追いつけますよ!
ではでは

posted by シェーリング at 06:00| Comment(2) | 僕たちは勉強ができない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする