2017年11月02日

ようこそ実力至上主義の教室へ キャラクターデータベース&8巻発売日

ようこそ実力至上主義の教室へ

IMG_6964.JPG

アニメを見て、「これは面白い!!!」と思い、Amazonで全巻買って、すぐに読んでしまいました!
そして、この作品の各クラスの主要キャラクターの評価についてまとめたいと思います!
ネタバレあるので原作を読んでいない方は見ないことをおすすめします!

あらすじ

この社会は平等であるか否か。真の『実力』とは何か——。
東京都高度育成高等学校。それは徹底した実力至上主義を掲げ、進学率・就職率100%を誇る進学校である。そこに入学して1年Dクラスに配属された綾小路清隆だったが、学校は実力至上主義の看板とは裏腹に、生徒に現金と同価値のポイントを月10万円分も与え、授業や生活態度についても放任主義を貫く。夢のような高校生活の中で、散財を続け自堕落な日々を送るクラスメイトたち。しかし、間もなく彼らは学校のシステムの真実を知り、絶望の淵に叩き落とされるのだった……!
落ちこぼれが集められたDクラスから少年少女たちが見出すものは、世界の矛盾か、それとも正当なる実力社会か。





評価

まず、原作7巻で明かされている学校側の生徒の評価を一覧にします
主要メンバーのみとなっているのでご了承ください
まずはDクラスの評価から書いていきます

Dクラス

綾小路清隆(あやのこうじきよたか)

学力   C 
知性   C- 
判断力  C- 
身体能力 C- 
協調性  D 

本作品の主人公で、堀北の裏に隠れてDクラスを操っている人物
学力、知性、判断力、身体能力に関しては文句なしにA評価であると思います
7巻ではCクラスの4人に対して、傷を負うことなく、打ちのめしました
協調性に関しては未知数なので保留としておきますが、Aには届かないと思っています
まだまだ謎がとても多いキャラクターです

堀北鈴音(ほりきたすずね)

学力   A 
知性   A- 
判断力  B- 
身体能力 B+ 
協調性  E

入学当初は自分一人でもなんでもできると思っていたがCクラスの龍園との戦いもあり、成長することで周りの力を借りるようになりました
協調性が少しずつではあるが、上がっていっていると思われる

櫛田桔梗(くしだききょう)

学力   B  
知性   B-   
判断力  C+ 
身体能力 B 
協調性  A  

Dクラスの中心人物の一人。誰とでも仲良くなることができ、他クラスにも多くの友人がいる
堀北のことを嫌っていて、このことが解決できない限りDクラスが上へと上がっていくのは難しいと思われる


須藤健(すどうけん)

学力   E 
知性   E  
判断力  D+ 
身体能力 A 
協調性  D 

少しずつではあるが学力、知性、協調性に向上が見られる
入学当初は素行不良であり、トラブルが多かったが6巻時点では堀北の影響もあって協調性にも向上が見られる
身体能力に関しては学年でもトップレベルである

佐倉愛里(さくらあいり)

学力   C+ 
知性   C 
判断力  D 
身体能力 D 
協調性  D- 

綾小路の影響もあり、周りに少しずつですが心を開きかけている様子
7巻では綾小路たちとのグループ内では普通に話すことができている

平田洋介(ひらたようすけ)

学力   B
知性   B
判断力  B+
身体能力 B 
協調性  A-

Dクラスを裏から操っているのが綾小路であると知っている人の1人
Dクラスの中心人物で、男女ともに信頼されている

軽井沢恵(かるいざわけい)

学力   D+
知性   D-
判断力  C-
身体能力 D
協調性  E+

Dクラスの女子からの信頼が厚く、平田の彼女である
綾小路の裏の顔を知っている
過去にいじめられていた過去を持つ人物

高円寺六助(こうえんじろくすけ)

学力   A  
知性   C  
判断力  C- 
身体能力 A  
協調性  E- 

綾小路と同じく謎が多い人物の一人
卒業生と比べても数年に一人お逸材といえる高いポテンシャルを持っている
しかし、身勝手な性格であるので協調性は皆無である

Cクラス

龍園翔(りゅうえんかける)

学力   D
知性   B
判断力  A
身体能力 B
協調性  E-

Cクラスをまとめ上げている生徒であり、独裁政治を行っている
Dクラスを裏で操っている人物がいるといち早く気づいた生徒
7巻では綾小路との対決に負けたため、Cクラスのリーダーを放棄した

椎名ひより(しいなひより)

学力   A-
知性   A-
判断力  E
身体能力 E
協調性  D

高い学力、知性を持っており、未知数な部分が多い
Cクラスをまとめている龍園からも一目置かれている様子
6巻ではDクラスの裏で操っている人物を探りに来ていた
8巻以降はCクラスを引っ張っていくと思われる

伊吹澪(いぶきみお)

学力   C
知性   C
判断力  B-
身体能力 B
協調性  E

病気で弱っていたが、堀北を圧倒する身体能力を持っている

山田アルベルト(やまだアルベルト)

学力   C-
知性   C
判断力  C
身体能力 A
協調性  B

龍園に付き添っている人の一人
生まれ持った体格により高い身体能力を持っています
学力においては英語が堪能ではあるが、国語と数学が突出して苦手みたいです

Bクラス

一之瀬帆波(いちのせほなみ)

学力   B+
知性   A
判断力  B
身体能力 C
協調性  A-

Bクラスの中心人物で、バラバラだったBクラスをまとめ上げた生徒
生徒や担任からの信頼が厚く、高いポテンシャルを持っている
なぜか所持ポイントが他生徒と比べると圧倒的に多い

神崎隆二(かんざきりゅうじ)

学力   B
知性   B
判断力  B
身体能力 B
協調性  D+

協調性を除くとそれ以外は高水準のステータスを持っている
一ノ瀬からも信頼されている様子

Aクラス

葛城康平(かつらぎこうへい)

学力   A
知性   A
判断力  B
身体能力 C
協調性  B-

Aクラスの中心人物の一人で、非常に冷静な判断と慎重な性格をしている
Aクラスのもう一人の中心人物である坂柳とは対立関係にある
夏休み以降は坂柳派の方が多くなり、勢力を弱めつつある

坂柳有栖(さかやなぎありす)

学力   A
知性   A
判断力  A
身体能力 E-
協調性  C+

Aクラスの中心人物で、落ち着きがあり、クラスからの信頼が厚い
好戦的な思考のため葛城とは対立関係にある
綾小路の過去を知る人物であり、ホワイトルームについて知る人物


A~Dクラスまでの主要人物の評価をまとめてみました


7巻の感想は下のリンクから

ようこそ実力至上主義の教室への7巻 ネタバレ&感想


追記 2018年1月26日
ようこそ実力至上主義の教室へ7.5のネタバレと感想は以下のリンクから

ようこそ実力至上主義の教室へ 7.5 ネタバレ&感想

8巻の発売日は7.5巻の衣笠先生のあらすじより
発売日は4月末だそうです
楽しみに待ちましょう!
ではでは

posted by シェーリング at 19:53| Comment(0) | ようこそ実力至上主義の教室へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブラッククローバー 第5話 「魔法帝への道」 感想

ブラッククローバーの第5話の感想を書いていきます

4話の最後では、セッケをアスタが一瞬で倒しましたね
ここは本当にスカッとしました!

2017-11-01 (7).png

身体能力だけであのスピードってかなりやばいよね(笑)
普通は魔法を使っていると勘違いするよね


その後も試験は続いていき、とうとうユノの番が来ましたね!
ユノの相手は貴族みたいです

2017-11-01 (14).png

しかし、圧倒的なユノの勝利でした
やはり四つ葉は別格なんですね
相手が赤子同然でした
見てて、かわいそうになりました(笑)


その後、今回の試験は全て終わり
受験者は名前を呼ばれたら、前に出て、欲しいと思った人材に団長たちが挙手をするという形で、合否が決まります
挙手がない場合は、不合格というわけです

まずはユノの番が来ました

2017-11-02 (36).png

結果は・・・・団長たち全員が挙手!
ユノはやはりこの会場で別格でしたね
ユノは金色の夜明け団を選びました!




続いて、アスタの番です
結果は・・・・
挙手なし・・・・
まじか~と思っていたら、ヤミ団長が魔力を纏い、アスタの前にやってきます

2017-11-01 (22).png

ヤミ団長に前に立たれても、アスタはしっかりと「魔法帝になる!」と言いました
そうすると、ヤミ団長が「お前、面白い」と言い、アスタは黒の暴牛に入ることになりました
ちなみに拒否権はなしでした(笑)
さすがヤミ団長っすわ


その後、試験が終わり、アスタは腹が痛くなり、トイレに駆け込みます
トイレに行った隙に、アスタが倒したセッケがトイレ中のアスタを襲おうとします
そこにユノがやってきて、軽くあしらいます

2017-11-01 (32).png

「アスタはお前じゃ足りない」とユノが言います
ユノはアスタを認めているのがいいよね!
ライバルだからこそですね


そして、アスタとユノは別れて、アスタはヤミ団長らとともに黒の暴牛のアジトに向かいます

2017-11-01 (42).png

とうとうこれから魔法騎士団としての日々が始まっていきます!
たのしみですね!
ではでは


↓応援よろしくお願いします

にほんブログ村
posted by シェーリング at 19:24| Comment(0) | アニメ(いろいろ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月01日

DAYS 222nd day 「何者?」 ネタバレ&感想

DAYSの222話のネタバレと感想を書きます

IMG_7283 (2).PNG

つくしが風間に繋ぐが、加藤がすぐさま寄せてくる
しかし、風間は逆サイドの国母につなぎます
国母のサイドには逆サイドでスローインをしたマルコがいないので、広大なスペースがあり、志村がカバーに入ってきます
この風間から国母へのパスはベンチからの指示、中澤の指示だったみたいです
中澤はこの試合で監督として成長してる気がするね

ここからは中澤の聖蹟の監督に就任するまでの回想と試合が同時に進んでいきます
まずは中澤の回想から

5年前
その時の監督だった人からサッカー部の練習を見てほしいと言われ、しぶしぶ承諾しました
この時、中澤は
「俺に務まるわけがない そう思っていた」

コーチということで、試合にももちろん帯同し、
「現役でなくても試合はやはり緊張した
しかし蓋を開けてみれば」
11-0
「聖蹟は強かった」

「あの黒いユニフォームは・・・・
相変わらず威圧感がある
そして、変わらずカッコいいな あいつらは」

梁山の試合前にも思っていたことですね!
5年前からも選手を外から見る立場でもこの気持ちは揺るがなかったわけです

「練習を見るだけなら、実害もないし、なんとかやれそうだ」
しかし、3年前のある日
今まで監督だった人が「やめるわ」と言い、後任として監督につくことになりました
これに対して、他のOBに頼むように言いましたが、聞き入れてもらえず、
「石川の臼井は一度見ておいた方がいい」と言われました

この人の助言があったから、中澤は臼井をスカウトしに行ったわけですね

臼井を実際に見に行って
「確かに一人 その少年は異彩を放っていた
事実 これは大正解だった
臼井 俺は何度お前に助けられたか」

「俺も同じ新1年生だった
実に個性的な連中が集まったと思う
中でも特にお前はとびっきりの変わった奴だった」
このとびっきり変わった奴はもちろん水樹のことです
中澤のことを監督じゃなくて、キャプテンと思っていたり、いきなりインサイドキックとはなんでしょう?と聞くという(笑)
相変わらずの水樹です
何年経ってもこれは変わらないですね
変わらなくていいんですけどね

「あの時 ここまで来るとは 本人も含め誰も想像できなかったはずだ」
「何も持ち得ない者の嫉妬だと思ってくれ」

「お前に関わる者はその才能を疎ましく思い」
「同時にひた向きなその姿に憧れを抱く」

「たとえお前の目の前にどんな大きな壁が現れても
"水樹なら"・・・・と」

「1年目は先生の遺産で運よく全国に行けた
ドタバタしたまま時は過ぎ
あっという間に一年が経った
そして あいつらが入ってきた」
あいつらとは君下や大柴などの今の2年生のことです

中澤の回想はこんな感じです
監督就任までの流れはこのような感じだったのですね
中澤は心底聖蹟というチームに憧れていたんですね




次は、試合についてです

国母は志村に寄せられ、臼井に戻します
梁山に囲まれてしまいますが、落ち着き、ボールを落ち着かせます
ここでは速攻を使わず、遅攻を使いましたね
聖蹟は前線に誰も残っていないので、仕方ないと言えば、仕方ないですね
前にあてる選手がいないので、ドリブルで持っていくしかないからね

国母は水樹へとパスを出します
水樹は加藤をかわしますが、マルコとマッチアップして、水樹はバックパスを選択します

秋子監督は水樹のことをこう思っています
「その広大な余白とも呼ぶべき成長の余地はうちのマルコ以上
いずれ・・・日本中が君の名を知る時が来る
だけど・・・今日は君の日ではないわ」

ボールは梁山のサイドに持ち込むことができましたが、大柴と君下が最終ラインに吸収されている状況
大柴は特にきついだろうね
もともとスタミナのある選手ではないのに、これだけ動いているからね

大柴が君下に話しかけます
大柴:「聞け お前はむかつくし嫌いだが お前のサッカーはまあ悪くない」
君下:「ほざけ」
大柴:「一時休戦 神の力を貸してやろう」

相変わらず、大柴は上から目線ですね(笑)
相庭がファミレスで言っていた
「お互いもっと近づいて聖蹟の時間を増やせ」を思い出します

次号「誇れるもの」につづく

ここから大柴と君下が何を見せてくれるのか楽しみです!
ではでは


↓応援よろしくお願いします

にほんブログ村
posted by シェーリング at 02:22| Comment(0) | DAYS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする