2017年11月15日

DAYS 224th day 「仲間の代表」 ネタバレ&感想

DAYSの224話のネタバレと感想を書いていきます

IMG_E7353.JPG

223話では水樹のゴールで聖蹟が2-3と1点差に迫りましたね!
その続きからです

ゴールが決まって、みんなが喜んでいる中、
大柴が両手でハイタッチのポーズ、君下が片手でハイタッチのポーズとなり、向かい合います
その中央で、つくしが「え?え?」って言っています(笑)
結局、2人でハイタッチはせず、
大柴は佐藤と君下は鈴木とハイタッチをします

自分たちが起点となって、点が決まったのに、やっぱり恥ずかしさが先行しちゃいましたね
この試合で勝ったら、ハイタッチをしてもらいたいものです


その後、2年生4人の所に臼井が来て、一言いいます
「お前たちが聖蹟で良かった」
もう臼井がかっこよすぎます


保科と相庭が今の一連のプレーについて話します
自分は先週の時点で気にしていなかったけど、そういえば、新戸部が碇屋を止めたところからゴールまでの一連の流れで梁山はボールに一度も触れていませんでしたね
繋いだパスは20本以上で、最後の4本はダイレクトで繋ぎましたね
梁山は完全に崩されて、得点を許した形でしたね
チームプレーの最高形だ
これ以上の形はない

と結論付けました




聖蹟のみんなが喜んでいる中、新戸部が倒れてる・・・・
足が攣ったみたいです・・・・
みんな衝撃を受けています(笑)
そして、新戸部は担架で運ばれて出ていきます
それを受けて、中澤が来須に「出番だ」と告げます


新戸部は担架で運ばれているとき「またやっちまったーーーーっ」と思っていますが
ベンチに戻ると、みんなから「よくやった!!」と言われます
それを聞いて新戸部は
「俺・・・ここしかないって思ったら身体が勝手に動いてて
俺が上がって取られたらピンチってわかってたけど止まれなくて・・・
攻撃陣が頑張ってたからみんなの代表の俺が結果を出さなきゃって・・・
俺まだ・・・先輩たちとサッカーやりたくて・・・
俺・・・まだ・・・チームに何も・・・」
ここまで言ったところで速瀬に頭を叩かれ、「お前が代表ってことに疑問持ってる奴がいるか?」と言います
応援席からは新戸部コールがずっと聞こえています
その光景を見て、これからピッチに立つ来須が「引き受けた」と言います

来須が入ることで、みんなのポジションも変更します
3バックは左から国母、鈴木、佐藤
ボランチ2枚が臼井と君下
トップ下に来須と君下
センターフォワードに大柴
ウィングというよりウィングバックに水樹と風間が入るという形になります

ウィングバックはかなりの運動量が求められますが、水樹は大丈夫だが、風間は・・・
風間は大丈夫だと言おうとしたけど、つくしがすかさず「風間くんの分は僕が走ります」と言います

後は失点しないのが絶対条件だけど、「それは猪原を信じるしかないな」と臼井が言います

風間はスタミナ切れがこの中で心配な方だよね
大柴もだけど(笑)
猪原ははっきり言って、そこまでのビックセーブはないから最後の最後にピンチを救ってもらいたいな
必ず梁山にもチャンスは巡ってくるでしょうし


そして、最後に
水樹「今・・・俺たちは負けている」
風間「満身創痍でも流れは聖蹟っしょ」
君下「確かに 追い詰められてんのはこっちだけじゃねえ」

残り15分・・・この11人で勝つ!!


次号『するべきこと』につづく


聖蹟は3枚目のカードを使い切りましたね
流れは圧倒的に聖蹟ですからこの調子でもう1点取ってもらいたいです
残り時間も15分と短いですし、早く同点にしたいところですね
来週も楽しみです!
ではでは


↓応援よろしくお願いします

にほんブログ村
posted by シェーリング at 01:32| Comment(0) | DAYS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月11日

日本vsブラジル 感想 評価

私の個人的な評価です

川島
PKストップは素晴らしかった
川島のPKストップ率かなり高くないか?

酒井
ネイマールと十分やりあえていた

吉田
1点目のPKを取られたのはだめだわ
あれで試合をぶち壊した
プロレスを試合中にやってはいけない

槙野
ブラジルに一矢報いたのはよかった
守備面でもそこそこやれていたと思う

長友
100キャップ目だけどこれといった仕事はできなかった

長谷部
絶対的な存在かと思ったけど、そうでもないと感じた
前半のうちに指示を出して、チーム全体を修正をしてほしかった

山口
フォローには周っていたが、これと言った仕事はできなかった

井手口
スパイクを変えて、出直してきてください
1人で滑って踊っていました

原口
もっとドリブルで仕掛けてほしかった
何もできずに交代

久保
落第
ネイマールが守備をあまりしないため、ボールを持てたが、何もできなかった
ボールを取られ、カウンターを食らい、3点目を与えた

大迫
世界レベルだとポストプレーは通用せず
アジアだと無双だったのに・・・・

浅野
積極的な仕掛けはよかった
最後のシーンでミートできずに、へらへらしてるのはいらっときた

森岡
ボールをさばけてはいたが、もう少し守備に走ってもらいたかった


交代直後、仕掛けたがタッチラインを割った
ジョーカー役は果たせず

〇 川島、酒井
△ 槙野、長友、山口、長谷部
× 吉田、井手口、原口、大迫、久保

前半の戦い方は論外でした
プレッシャーをかける位置を決めていたかもしれないけど、それがだめだと分かったらすぐに修正しないといけないよ・・・・
修正しないからずるずるやられて3失点・・・・
もうアホかと

後半はブラジルが落としてきたから戦えたけど、この戦い方を0-0の状態から見たかった
それでどこまでやれたかを見たかったです
ベルギー戦では後半の戦い方を最初からやってほしいです

ブラジルはカウンターがとても速かったですね
日本と明らかにパススピードが違う
ギアが入った時のワクワク感がすごい
見ていて楽しかったです
ブラジルからしたらイングランド戦に向けていい調整ができたかな?

日本と世界とはかなりの差があるなと再確認しました
ベルギー戦は誰が出るでしょうね
楽しみです
posted by シェーリング at 00:13| Comment(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月08日

DAYS 223rd day 「持たざる者の誇り」 ネタバレ&感想

DAYSの223話のネタバレと感想を書いていきます

IMG_7340 (2).PNG

観客は聖蹟の1点目を取った時のように大柴がゲーゲンプレスをしろよ!と言っています
しかし、ゲーゲンプレスは体力の消費が大きく、乱発できません
碇屋が言っているように、3回行ったゲーゲンプレスもだんだんとプレスをかける人数が減っています


梁山は聖蹟の体力が限界に近いと判断し、最終ラインでキープしている君下に3人でプレスにいきます
大柴も最終ラインに一緒にいるのですが、フォローに行かず、棒立ち・・・・
君下は囲まれてしまいますが、足裏で棒立ちしている大柴にパスを出しました
大柴はこのパスが来るのを予想して動かなかったみたいです

ここで、君下がもし取られてたら、ドリブルで持っていかれて、GKと1対1だったよね・・・・
危ないな・・・・


大柴はボールをもらい「DFからFWまで天才は何でも出来てしまうな」と調子に乗っているすきに、加藤がすかさずプレスをかけてきます
なんとか大柴はキープをします
ここから今週も中澤の回想が入ります
今週も試合が並行して進んでいきますが、中澤の回想だけ抜き取ってまず書いていきます

「君下と大柴 この2人は入部当初から抜けていた
しかし 先生の最後の教えを受けた上級生が引退すると
勝ち星が急につかなくなった」

「選手の力が落ちているとは思えない
むしろ潜在能力なら前年を上回るくらいだ」

「監督である俺の責任なのは火をみるより明らかだった」

ある日、中澤がグラウンドの照明を消すと、残って練習していた佐藤と鈴木が来て、
「ライトを消さないでもらえますか?」と言ってきました

「この世代は勝ちに貪欲だった
そして サッカーをよく知っている」

「そして 更に一年
入ってきた1年生がチームに勢いをくれた
お前たちがいて 今の聖蹟は初めて完成したんだ」

「監督に出来ることなど数少ない
ましてや俺のような無能者には大手を振っては言えない
俺が何かを成し遂げたわけではない
だけど
だけど
たとえ微力でも俺が一から作ったチームだ
俺の聖蹟サッカー部だ

前監督が教えを受けた上級生が引退すると、聖蹟はなかなか勝てなくなったんですね
しかし、1年生から3年生が融合することによって、今の聖蹟が出来上がり、ここまで成長したのですね
この回想を見ていると、聖蹟が勝つとしか思えなくなってきます




それでは試合の方を書いていきます

大柴が何とかキープしているところに佐藤と鈴木がフォローに来て、ボールを繋ぎ、大柴と君下がサイドを突破します
大柴から風間へパスを入れ、風間がDFを背負ったつくしにパスを入れ、リターンをもらい、スルーパスを出します

さらっとつくしがDFを背負ってポストプレーをしているのがちょっと驚きです
風間もかなり息が荒れている中、素晴らしいスルーパスを通しました


そこに抜けたのはまさかの新戸部でした
ゴールライン際でなんとか追いつき、折り返します
中にはマルコがいましたが、ボールに触ることができず、
その後ろにいた水樹が空中でボールをゴールに押し込みました!


みんなが喜んでいる中、中澤が一人こぶしを握り締めているシーンにはグッと来るものがありました


とうとう2-3と1点差まできました!
残り時間も気になるけど、かなり少なくなっていることでしょう
なんとかもう1点返して、まずは同点にしてほしいです

来週も楽しみですね!
ではでは


↓応援よろしくお願いします

にほんブログ村
posted by シェーリング at 10:45| Comment(0) | DAYS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする