2017年11月29日

名探偵コナン 劇場版第22弾! タイトル決定!

とうとう名探偵コナンの劇場版第22作品目のタイトルの発表が週刊サンデーでありましたね!
大学が終わってからコンビニでサンデーを買って帰りました

IMG_7495.JPG

劇場版第22作品目のタイトルは

ゼロの執行人

もう楽しみでならない
ちなみに小さめのポスターもサンデーには入っていました
光の反射ごめんなさい(笑)

IMG_7496.JPG

後で切り取って、去年のから紅の恋歌の隣に飾りたいと思います
まぁ、大きさが全く違うのですが・・・・
ゼロとタイトルにある通り、安室さんに焦点があてられる作品となるでしょうね
まぁ、それはから紅の恋歌の最後の所で分かっていたことなのですが

このお話に安室さんの後ろにいる黒田管理官がどう関わってくるのか
やはり黒田管理官が組織のNo.2であるRUMなのか・・・・
それとも安室さんの上司だったり?
まぁ、どちらにしても黒の組織のお話ではないと勝手に予想しているのでRUMが誰かというのは分からないままだと思いますが・・・・
もし、黒の組織関連なら、他のRUM候補として挙げられている若狭先生と板前の脇田さんもポスターに載ると思いますし

そうなると公安に関するお話になるのかなと思います
ゼロは公安警察の俗称ですからね


映画の公開日は2018年4月13日(金)です

公開初日は金曜日だし、無理な気が・・・・
まぁ、できるだけ早く見に行きます!

ゼロの執行人の公式サイトも公開されました
リンクを貼っておきます

ゼロの執行人 公式サイト





そして、今週のサンデーには応募者全員サービスがあります!

IMG_7497.JPG

平次、コナン、安室さんのちぢませフィギュアです!
3人とも可愛すぎ!
フィギュアの大きさは約40mmなので、テレビの前などに飾れますね!

そして、このちぢませフィギュアの赤井さんと安室さんと怪盗キッド、コナンがガチャポンで登場するようです!
安室さんとコナンのは応募者全員サービスのとは違うデザインですよ
12月第4週に発売予定で、1回400円です
運が良ければ、1600円か
1回までの被りだったら実家に持って帰って飾るからありだけど、同じのが3つ以上出たら・・・・
その前に、ガチャポンする前になくなってそうなんだよね
そっちの方が不安です(笑)


来年公開のゼロの執行人とても楽しみですね!
楽しみに待ちましょう!
ではでは

posted by シェーリング at 18:37| Comment(0) | 名探偵コナン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

五等分の花嫁 第16話 「いじっぱり」 ネタバレ&感想

五等分の花嫁の16話のネタバレと感想を書いていきます

IMG_7439 (2).PNG

五つ子の父親との会話の続き

父親に風太郎は一週間後の中間試験
五人のうち一人でも赤点を取ったら君には家庭教師を辞めてもらう

その続きからです

この条件に対して、風太郎はもちろん無理だと言いますが
父親:「この程度の条件を達成できなければ安心して娘たちを任せてはおけないよ
ここでハードルを設けさせてくれたまえ
それでは健闘を祈る」
そして、電話を切られちゃいました

風太郎:全員 赤点回避だと・・・・?
今週末の家庭教師の時間だけではカバーできない
それに二乃と五月が素直に言うことを聞いてくれるだろうか・・・・
どちらにせよ 時間が圧倒的に足りない 不可能だ

風太郎大ピンチ・・・・
二乃と五月が本当に問題だよね
二乃に至っては全く勉強してないだろうし・・・・
それでも成績はみんな同じくらいなんだろうけど・・・・



五月との会話

五月:「父から何を言われましたか?」
汗をだらだらながしながら
風太郎:「世間話をしただけだ」
五月:「それだけでその汗の量ですか!?」
風太郎:「人のことより自分の心配をしたらどうだ?
中間試験の対策はしてるんだろうな?」
五月:「も 問題ありません」
風太郎:「問題ないわけあるか 今日やった小テストの点数悪かったろ」
五月:「見たのですか?」
風太郎:はぁ・・・やっぱ悪かったのか・・・
とか言ったら怒るだろうな
こいつなりに頑張ってるんだろうし・・・・
「分からない箇所があったら教えてやるぞ?」
五月:「なんですか 私が信用できないのですか?」←
風太郎:あー!怒っちゃった!

その後、教えてやると風太郎が言うものの初めて会った時に頼り、風太郎が拒否したことを話に出されます
風太郎:「だったらお前ひとりで合格できるっていうのかよ」
五月:「できます たとえ中間試験には間に合わなくても・・・・」
風太郎:「それじゃだめだ!
今回 赤点なら次はない
これも仕事なんだ 我儘言ってないで受け入れろよ!」
五月:「我儘を言ってるのはあなたでしょう!」
風太郎:「お前だって成績を上げたいんだろ
だったら・・・・黙って俺の言うことを聞いてればいいんだよ
五月:「あなたのことを少しは見直していたんですが私の見込み違いだったようですね
所詮 お金のためだけですか」
風太郎:「金のために働いて何が悪い
何不自由なく暮らしてるからそんなことが言えるんだ
仕事じゃなきゃ誰がお前みたいなきかん坊の世話を焼くか」
五月:「無理して教えてもらわなくて結構
私はあなたの金儲けの道具じゃありません」

風太郎・・・・
風太郎の気持ちは分かるけど、五月の気持ちも分かる
難しい問題だよね
果たして中間試験までに五月と一緒に勉強を教えることできるのかな・・・・
←の部分の五月の表情可愛すぎるよ





中野家で人生ゲーム中

勉強した後の休憩として、ボードゲームを風太郎、一花、三玖、四葉の4人でやっています
ゲームでも風太郎は貧乏です・・・・
四葉は結婚したり、三玖は女優になるだったりしている中で風太郎が
風太郎:「ってエンジョイしてる場合かー!!自分の人生どうにかしろ!」
いつもより焦っているのに三玖が気づき、風太郎を心配します
そこで、風太郎は3人に打ち明けるか迷っていると・・・・
二乃がやってきました
二乃がやってきたので、打ち明けることはやめました

このことを二乃が知ったら、する行動は一つですからね
3人には打ち明けてもよかったかもしれませんが、二乃はね・・・・


そして、次に、五月がやってきます
風太郎は昨日のことを話そうとしますが
五月:「私はこれから自習があるので失礼します」
風太郎:「お おい!」
二乃:「・・・・・・」

二乃が風太郎に勉強も終わったので、帰るように言います
そこで、一花が・・・・

風太郎と五月の仲はさらに悪くなりましたね・・・・
どうなることやら・・・・


一花の提案

一花:「フータロー君 何言ってるの? 約束が違うじゃん
今日は泊まりこみで勉強教えてくれるって話でしょ
風太郎&二乃:「えっ」

一花がその前から何か言おうとしていたけど、このことだったのか(笑)
一花は何でこんなことを提案したのだろうか



五月?との会話

一花の提案に乗り、とりあえず、お風呂に入っている風太郎
そこに五月がやってきます
五月:「上杉君 五月です
あなたから私に話したいことがあると言われたのですが何か御用でしょうか」
風太郎:「え?俺が?そんなこと言ってないけど」
五月:「そうですか それでは・・・・」
風太郎:「あ!嘘嘘!よく来てくれたな」
五月:「話したい事とはなんでしょう?」
風太郎:「昨日は悪かった
焦って感情的になっちまった
俺に家庭教師をさせてくれ」
五月:「何かあったんですか?」
風太郎:「お前たちの誰かが赤点を取ったら俺は家庭教師を辞めさせられる
うちの事情は知ってるだろ
そうでなくてもお前には」
五月:「そういうことでしたか」
風太郎:「五月!何開けてんだよ」
五月?:「前に私の裸をみたんだからこれでおあいこでしょ
あんたと五月の様子が変だったからきてみたら・・・
赤点を取ればクビね いいこと聞いちゃった」

IMG_7442 (2).PNG

風太郎が五月と思って喋っていた相手は五月じゃなくて二乃でした
完全に弱みを握られた風太郎・・・・
五つ子だから声も多少なりとは似てるだろうし、付き合いも長くないし、声だけじゃあ誰かなんてわからないよね
それにしても、風太郎はどうなるのやら
これから二乃がどうしてくるか楽しみですね
そして、二乃は風太郎の事情については何も知らないから、このことについてはどう思ったのだろうか
気になりますね
ではでは

posted by シェーリング at 02:37| Comment(0) | 五等分の花嫁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DAYS 226th day 「備える人」 ネタバレ&感想

DAYSの226話のネタバレと感想を書いていきます

IMG_7436 (2).PNG

猪原について亜土夢と浦の会話

亜土夢:「やっぱり理解に苦しみますね」
浦:「何がだ?」
亜土夢:「猪原ですよ 今のプレー見ました?
1対1の局面でピクリとも動きませんでした」
浦:「自分から前に出るお前とは真逆だな
判断が遅いって言いたいんだろう」
亜土夢:「いや今のはあれが正解です
先に動いていたら11番は逆を突いてきたはずです」
浦:「・・・・なるほど・・・・かもしれないな」
亜土夢:「度胸がいるんですよ
こっちから仕掛けたほうが楽なんです
ふつうは我慢できなくなる
動かない勇気 それも優れたGKの資質のひとつ
そんな会話をしている中、他の観客は「聖蹟のGK鈍くせーな」とか言っています
亜土夢:「GKの苦悩はGKにしかわかりませんよ
その逆もまた然りというやつです
まあ碇屋レベルなら当然気づいているでしょうけど」

GKにもそれぞれスタイルがあって、違った考え方があるだろうけど、亜土夢が言うように自分から動いて仕掛けたほうが楽でしょうね
GKにどういうスタイルが正解かというのはないでしょうし、猪原のスタイルも亜土夢のスタイルも面白いですよね



梁山のCKのチャンス

キッカーはもちろん碇屋
左サイドからのCKを左足でニアに蹴ってきました
そこには志村とマルコが走ってきています
しかし、ボールは直接ゴールへと・・・・
ボールはしっかりと枠に入っていましたが、猪原が触って、なんとか止めました
止められた後、碇屋は悔しがっており、やはり直接狙っていたようです
ここで梁山のGKの中野が猪原のプレーを見て思います
中野:これも飛び出さなかった
周りの動きにつられることなくボールの球筋をよく見て予測して動いたんだ
俺みたいなのるタイプとは違う
3失点しても全くブレず そのスタイルを変えない
精神力は尊敬に値する


みんな猪原を誉めまくってますね
3失点もこの大舞台でしてしまったら多少なりとも動揺するだろうけど、猪原にはそういうのが全く感じられませんね
それにしても、左のコーナーで左足でアウトカーブかけてゴールを狙うって・・・・
しかもしっかりと枠を捕らえてるとか・・・・
碇屋本当に恐ろしいわ





聖蹟ベンチでの会話

聖蹟のベンチでGKはどんな練習をしているかという話になります
それについて、今帰仁が答えます
今帰仁:「猪原先輩との練習はすごーーく退屈だよ」
最後の全体のミニゲームまで何度も基本練習の繰り返しをしているようです
今帰仁:「年間に1本飛んでくるかどうかっていうレベルで雨の日なんて痛いし汚れるしで最悪でそれでも何百何千って繰り返ししている」


再び梁山のCK

碇屋は普通に蹴りこんではこずに、ペナルティエリアの外にいた加藤にグラウンダーでパスを出します
つくしがそれに反応し、シュートを打たせまいとしますが、加藤は密集地帯にグラウンダーでシュートを打ってきました
それを11番がコースを変えて、ゴールに流し込もうとします
しかし、猪原が反応して、止めました!
猪原:年間通してあるかないか・・・・
ふむ ないかもしれん
なければないで構わん
しかし あった場合 確実に止めねばならん
今帰仁・・・GKとはそういうポジションだ


IMG_7438 (2).PNG

先週も今週も猪原がかっこいいな
今回はしっかりとキャッチできたので、来週は聖蹟が久しぶりにボールを持てますね
3点目を目指して、梁山ゴールを脅かしてほしいです!
ではでは

posted by シェーリング at 01:52| Comment(0) | DAYS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする