2017年10月18日

ブラッククローバー 第3話 アスタとユノ、とうとう王都へ出発!

ブラッククローバー 第3話 クローバー王国、王都へ!

ブラッククローバーの第3話の感想を書いていきます

初代魔法帝の活躍がまず最初に描かれましたね
よく分からない怪物があっさりと初代魔法帝に倒されましたね


アスタとユノは魔法騎士団入団試験に向けて、特訓中ですね!!!

2017-10-18 (7).png
2017-10-18 (10).png

アスタは何千回と剣を振り、ユノは魔法にさらなる磨きをかけていますね
アスタの特訓は魔法とはかけ離れているものな気がするけど・・・・
これがアスタにとっての魔法だからね!
相手の魔法を無効化できるというものでしたね


神父とシスターはアスタとユノのことを心配しているみたいですね
特にアスタのことを・・・・

2017-10-18 (13).png

アスタはグリモワールが貰えたと言っても魔法が使えるわけでないから心配するのは分かるけど
まぁ、神父さんはただただ寂しいだけみたいだけど(笑)
ただのツンデレですね





アスタとユノが王都へ行く前日

2017-10-18 (23).png

いつもよりも豪華な食事ですね!
ここでもユノは大丈夫で、アスタは大丈夫じゃないと神父は言ってますね(笑)
そして、アスタはそれに反抗して、「魔法帝になって、シスターを迎えに来る!」と言います

そうすると、シスターは・・・・・

2017-10-18 (27).png

アスタ・・・・・頑張れ・・・・

アスタは初めてシスターに会った時から結婚してと言っていたみたいですね
この時もシスターは・・・・

2017-10-18 (35).png

アスタはこの頃からシスター一筋なんですね!
シスターはこの頃から容赦なかったみたいだね
初対面でこの仕打ちとは・・・・


そして、とうとうアスタとユノは王都に向けて、出発します!
王都までの道のりはかなり過酷だったね
普通にサバイバルじゃん


そして、数日後・・・・とうとう王都に到着します!

2017-10-18 (41).png


王都へ旅立ったので、シスターや神父の登場は減りそうですね
シスター見れないのは少し残念だ・・・・
今回の終わりには魔法騎士団入団試験が始まるかと思ったけど、まだでしたね
来週からは始まりそうですね
アスタとユノの活躍に期待です!
ではでは


↓応援よろしくお願いします

にほんブログ村
posted by シェーリング at 17:11| Comment(0) | アニメ(いろいろ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DAYS 220th day 「才気、並び立つ」 ネタバレ&感想

DAYSの220話のネタバレと感想を書いていきま~す

IMG_7236 (2).PNG

DAYS 219th day 「もっと声を」 ネタバレ&感想

219話のネタバレと感想は上のリンクからです

219話の最後では聖蹟に1点返されて、聖蹟のいいムードを加藤が応援席を盛り上げることで払拭しましたね
このことについて、マルコは思います
自らスタンドを盛り上げる
あんな真似他の誰にもできん
まさに唯一無二


本当にマルコの思っている通りですよね
会場の空気を変える方法ってこんなやり方もあるのか・・・・って思いましたよ
並大抵の人では絶対にできない芸当ですよね


マルコがボールを持っているところに水樹とつくしが連携してボールを奪いに行きます
しかし、聖蹟はなかなかマルコからボールを取れません
マルコは自分以外のもう2人の十傑に対して、このような印象を描いているみたいです
加藤に対しては、人間として尊敬に値する人物であるということ
そして、碇屋に対しては、アホだが、大事な局面では必ず仕事をするサッカーにおいてのみカリスマ的な存在であると
この2人の凄みは同じチームになったものにしか分からないみたいです

マルコは碇屋のことはサッカーのことに関してだけは認めているみたいですね(笑)
それ以外は認められないんだろうね
試合中もなんか技かけ合ったりしてるからね(笑)





水樹がボールをカットし、梁山ボールのスローインとなります
ここで、マルコの中学生時代の家での様子が描かれます
中学の頃に全国大会の1回戦で加藤と碇屋が所属するチームと対戦したことがあるっぽいですね
そして、ボロ負けした・・・・
このことを受けて、マルコは梁山に行って、2人とサッカーをしたいと思ったみたいです


ここで、秋子監督がさなぎちゃんに話しかけます
「どうして良介がマルコに厳しいかわかる?」
それに対して、
「それは性格というか・・・・マルコくんをからかって・・・・・」
と答えているときに、碇屋がマルコに肩を叩きます(笑)
マルコは碇屋の姿勢を正して、叩き返します
碇屋は案の定悶絶します(笑)


ここで、碇屋の気持ちを秋子監督が代弁します
認めているからこそ 自分に遠慮していることが許せない

自分が認めている相手が自分に対して、遠慮しているってやっぱり嫌ですよね
サッカー以外においても言えることですね


スローインからのスタートでマルコから加藤へ、そして、リターンをマルコが貰って、そこからマルコが仕掛けます
まずは水樹とつくしを抜いて、2人抜き
そして、カバーに来た国母と君下を抜いて、4人抜き
聖蹟の守備の要の臼井も抜いて、5人抜き

聖蹟終わった~~~~~
5人抜きされるって・・・・


マルコはペナルティエリアから少し外からシュートモーションに入ります
そこに新戸部がスライディングでブロックしに!!!

ここをキックフェイントで抜かれたりしたら、もう完全にアウトですね
5人抜きされて、ディフェンスの枚数も足りてないと思うし、パス出されても無理そう・・・・
ここで確実に新戸部がブロックしてくれないと聖蹟は梁山に4点目を与えることになりそうだ・・・・
さすがに4点目を入れられたら、どうやっても追いつけないだろうね


次号『お前に言った』につづく


220話はマルコのことがメインでしたね!
加藤とマルコのことは2人の目線から語られたけど、碇屋自身の目線から梁山のことを語ったり、加藤とマルコのことを語ったりってあったっけ?
それがないなら碇屋のことも残り時間でするのかな?

聖蹟は最後にピンチが到来しましたが、なんとか乗り切ってくれると期待しています
ではでは


↓応援よろしくお願いします

にほんブログ村
posted by シェーリング at 01:44| Comment(0) | DAYS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月17日

2017年 秋アニメ何を見ようか ~おすすめ~

2017年秋アニメの放送は10月に入ってからどんどん開始されていますね!
秋アニメも夏アニメと負けず劣らず面白い作品が多いですね!
みなさんはどの作品を見ていますか?

私は夏アニメほど多くはないですが、10作品ぐらい視聴予定です
1話で見るのをやめるということもなさそうなのでこのまま年末を迎えることになりそうかな~
大学でのレポートやら課題やらの兼ね合いもあり、泣く泣く見ることを断念してしまうケースがありそうで怖いですが・・・・

とりあえず、見る予定の作品を羅列します
・ブラッククローバー
・食戟のソーマ餐ノ皿
・このはな綺譚
・少女終末旅行
・アニメガタリズ
・妹さえいればいい。
・クジラの子らは紗上に歌う
・干物妹!うまるちゃんR
・僕の彼女がマジメ過ぎるしょびっちな件
・魔法使いの嫁

たぶんこのくらいになりそうです
毎日のようにアニメが見れて幸せです!
夏アニメは14作品とかだった気がするのでまだ少ない方かな?
夏アニメは夏休みがあったから見れていたけど、学校が始まった今10作品って少しきついのかな?
どうなのだろうか・・・・
とりあえず、感想を書く予定なのはブラッククローバー干物妹!うまるちゃんRと何かです
もう1つぐらい書く予定ですがまだ決めていない
のちのち決める予定です
2話か3話から書き始めることになりますが・・・・
1話から書き始めたのってブラクロしかないな・・・・
見ているアニメ全部に対して感想を書きたいと思うのですが、時間がない故断念です





アニメを見る以外にもしたいことがありますからね
ラノベ読んだり、普通に小説読んだり、まだ見終わっていない海外ドラマを見たりと・・・・

そういえば、ゲーマーズ!の原作全部買いました!
Kindleで1~5巻までが半額セールとかだったのでまとめて買って、1巻を読んでいるときとかは6巻以降はいつか安くなった時でいいかと思っていました
しかし・・・・・
5巻を読み終わったら、購入ボタンをクリックしてたよね(笑)
結果的に8巻全部読破しました(笑)
買って後悔はないので全然いいのですけどね

話が逸れましたが、上記に挙げた作品で特に私が気になるのをざっくりと紹介したいなと思います!
ブラクロとうまるのことを書きたいけど、感想の記事を書いちゃってるんで今回は省略しまーす

1.妹さえいればいい。

妹さえいればいい..jpg

あらすじ

「妹さえいれば人生は常に最高なのに、なぜ俺には妹がいないのか……」
妹モノの作品ばかりを書き続けている妹バカの小説家・羽島伊月の周囲には、
天才作家にして変態の可児那由多、 女子大生の白川京、 イラストレーターのぷりけつ、 鬼畜税理士の大野アシュリーなど、 個性豊かな人物たちが集まっている。
それぞれ悩みを抱えながらも、小説を書いたり、ゲームをやったりお酒を飲んだり確定申告をしたり
といった、賑やかな日常を送る伊月たち。
そんな彼らを温かく見守る伊月の義理の弟・千尋には、 ある大きな秘密があって―。
楽しくも心に刺さる、天才や凡人や変人たちが繰り広げる青春ラブコメ群像劇、スタート!

感想

ここまで妹のことを思う作品はなかなかないよね・・・・
まぁ、考えてはいても結果、この主人公に妹は存在しないわけだけど(笑)
1話からもうハチャメチャでしたね
初っ端のシーンから「なにこれ?」ってなりましたし
那由多が本当にやばい(笑)
飛び出してくる発言がだいたいだめなやつでした


2.僕の彼女がマジメ過ぎるしょびっちな件

彼女がマジメすぎるしょびっちな件.jpg

あらすじ

普通の学校生活を送り、普通のクラスに属し、普通に恋をし、意を決して告白する・・・・・
そんな至極まっとうな青春を謳歌していた篠崎遥。
だが恋をした相手だけが『普通』ではなかったーー。
溢れかえる下世話なワードの数々!あからさまに湧き出るエキサイトな性知識!
だが、すべては健やかで円満なこいびとであるためーーそう、これは紛うことなき純愛の物語!

感想

この作品はあらすじ通り下世話なワードがとにかく出てくる出てくる
見た目と喋る言葉のギャップが本当にす凄まじいです
1話を見た時にこれほどまでにぶち込んでくるとは思わなかったわ
ある意味衝撃を受けました(笑)
そういえば、香坂秋穂役を演じているのが夏アニメで好評だったアホガールのよしこ役の悠木碧さんとは・・・・
声優さんって本当にすごいよね
本当に尊敬しますわ





3.このはな綺譚

キービジュアル.jpg

あらすじ

神様に遣える狐っ娘たちが働く温泉宿「此花亭このはなてい」。
「このはな綺譚」は此花亭に奉公にきた新人仲居の柚と、柚を取り巻く仲間たちとの心温まる物語です。
仲居たちの想いはひとつ。
「正体が何者でも、 どなたさまでも、お客様は神様です。」
もちろん、 いま目の前におられる、あなたも…。
柚たち仲居の “おもてなし” に触れ、疲れた心を癒してください。
それでは放送まで、もうしばしお待ちくださいませ。

感想

上記の2作品とは違い、とてつもなく癒されます
今年の冬あたりにあったうらら迷路帖が好きだった人は間違いなく好きな作品だと思います
とりあえず、出てくるキャラクターがみんな可愛い!
ただただ癒される30分間です!
この作品の感想を書こうかとちょっと悩み中~


とりあえず、私が見る作品のうち3作品だけ軽く感想を書きました!
秋アニメにはラブライブだったり、おそ松さんだったり有名なのもあるのですが、1期を見ていないんですよね・・・・
いずれ必ず見ます!
いつになるかは分かりませんが・・・・
土日でなんとか・・・・

秋アニメみなさんも楽しみましょうね!
ではでは


↓応援よろしくお願いします

にほんブログ村
posted by シェーリング at 08:00| Comment(0) | アニメ(コラム) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする