2017年10月25日

ようこそ実力至上主義の教室へ 7 ネタバレ&感想

とうとう10月25日にようこそ実力至上主義の教室への7巻が発売されましたね!
kindleでは発売が1か月遅れて配信されることがよくあるので、心配していましたがきちんと0時に配信されました!
冴えカノはkindleでは11月20日に配信予定です・・・・

よう実はすぐに購入して、7巻読破しました!
早速、ざっくりとネタバレと感想を書きます
内容をまとめたりするのがかなり苦手なので読みにくいかもしれませんがご了承ください

ようこそ実力至上主義の教室へ 7巻 表紙.jpg

あらすじ

2学期も終了間近、Dクラスを裏で操る存在Xの特定のため、Cクラス龍園の執拗な調査が開始された。高円寺までもが疑いの対象となり、ターゲットが絞られる中、ついに龍園の魔の手は軽井沢恵に迫り……!?

ここから先はネタバレ注意です!

感想

ペーパーシャッフルによる試験が終わり、今回のお話は冬休みに入るまでの2学期終了までの出来事です

綾小路はペーパーシャッフルの時に仲良くなった佐倉、長谷部、幸村、三宅のグループでケヤキモールで雑談する日常を送っているみたいですね
1巻の頃に比べると、綾小路も変わったよね
佐倉もこのグループの中だと普通に喋れているみたいでよかった!


ペーパーシャッフルの結果は?
6巻でのペーパーシャッフルのテストは無事DクラスがCクラスに勝利しました
12月あたまに発表されたクラスポイントは
Cクラス:542ポイント
Dクラス:262ポイント

ここから試験の結果からCクラスのポイントがDクラスへと100ポイント移動し、
3学期からは
Cクラス:442ポイント
Dクラス:362ポイント
となる予定です
80ポイント差でまだDクラスかと思いきや
Cクラスで重大な違反行為があったらしく、Cクラスはマイナス100ポイントという罰則が与えられたみたいです

ということは・・・・
3学期からはとうとう綾小路たちはCクラスに昇格になりそう!

ちなみにどのクラスにも退学者は出ておらず、AクラスとBクラスの対決はAクラスが勝利し、Bクラスとの差を広げたみたいです


綾小路の父親が登場!
放課後、綾小路は茶柱先生に呼ばれ、応接室に連れていかれます
そこにいたのは綾小路の父親でした
父親の風格すごい・・・・
えーーっと・・・ヤクザですかね(笑)

なぜ父親がやってきたかというと綾小路を退学させるためでした
もちろん綾小路は退学しないと言います
自由を求めてこの学校に入ったのに、自分から退学はしないですよね
ここで、綾小路がこの学校に入学した経緯やホワイトルームが一時中断していたこと、父親の権力がどれほどのものなのかが明かされます

綾小路と父親が会話している最中にドアがノックされ、父親のことを「綾小路先生」と呼ぶ人が入室してきます
彼は坂柳と言い、この学校の理事長らしいです
ちなみにAクラスの坂柳有栖は理事長の娘らしいです
坂柳がなぜ綾小路のことを知っていたか分かりました
ホワイトルームの関係者だったということですね
ここで、学校に入学する基準なども明かされました
まぁ、なんとなくそうだろうなとは思っていた内容ではありました

3人での話も終わり、外に出ると、茶柱先生が待っていて、これまでの茶柱先生の脅しは嘘だということが分かり、これで綾小路がAクラスを目指す理由はなくなりました
茶柱先生からすると綾小路を脅すための材料がなくなったので仕方ないですね
逆に先生が綾小路に使われる立場になったような・・・・




龍園が表立って動き出す
以前からDクラスの生徒を龍園はCクラスの生徒に尾行をさせていたりとそこまで表立っては何も仕掛けてきませんでした
しかし、冬休みが目前に迫ったある日に、龍園がとうとうXを割り出すために仕掛けてきます
龍園がDクラスに来て、Xは高円寺だと疑っているのをほのめかし、そこにCクラスとDクラスはもちろんAクラスの坂柳までやってきて、暴力行為も辞さない緊迫した展開になります
結果的に、龍園は高円寺がシロであると判断し、この場は落ち着きます

高円寺はDクラスの裏で動いている人物が綾小路だと気づいてるような・・・・
やはりこの男は未知数だわ・・・・
今後、どう関わってくるのか楽しみですね!
それとアニメでは無人島でのAクラスとCクラスのポイントのやり取りについて既に明かされていたけど、原作ではここでポイントのやり取りがどうなっているかが明かされました


最終局面
2学期の最終日
龍園は屋上にとうとう軽井沢を呼び出します
軽井沢はXの正体を吐けと言われ、吐かなかったため水をかけられます

もう見ていてつらかった・・・・
綾小路早く来てあげて・・・・と思いながらずっと読んでました


綾小路は準備を済ませ、屋上に向かいます
この屋上に向かったという行為で、龍園たちにはXが綾小路だとばれてしまいます
伊吹は綾小路が現れて、とても驚いていましたね
綾小路とは少しですが、交流もあったわけだからそりゃ驚くよね
まさかの人物ですよね

綾小路はこの場は軽井沢を連れて、屋上を後にしようとしますが、龍園が今までの借りを返すと言い、暴力を振るってきます
ここからは綾小路の無双でした(笑)
この場にいた龍園はもちろん、石崎、アルベルト、伊吹も簡単に倒しちゃいました(笑)
6巻で言っていた「おまえの好きな土俵に合わせて遊んでやるよ」とはこのことっぽいですね

少し気になったんだけど、石崎が最初に殴ってきた時、それを綾小路は左手の握力で握りしめたって書いてあるけど、その後、アルベルトの攻撃を左手の手のひらで受け止めたってあるけど、これってミスなのかな?
その後、綾小路が右手の握力を解放するともあるし・・・・
まぁ、綾小路が強いってことが分かればいいか(笑)
こんな些細なことは気にしない気にしない


龍園との対決後
綾小路にぼこぼこにされた龍園はこの学校を退学しようとしますが、綾小路が手を回し、それを回避しました
綾小路は龍園を使えるコマだと考えているみたいですね
龍園はこの件以降、Cクラスのリーダーを放棄したみたいです
伊吹が龍園の携帯を見た時に、龍園は8億ポイントを貯める計画を立てていたみたいですね
Aクラスに上がるためのポイントは2000万ポイント
それをクラス全員の40人分貯めようとする計画を立てていたのか・・・・
なんだかんだいって龍園はいいやつだったのかと思ってしまった


7巻の主な内容はざっくりとこんな感じです(笑)
意外と内容をまとめるのって難しいですね・・・・
自分の文章力を呪います・・・・


7巻では他には綾小路の部屋に堀北の兄が訪ねてきたり、坂柳と一ノ瀬がしゃべっていたり、綾小路がひよりと食堂で食事したりということもありました
ひよりが持っていた本は読んだことないし、読もうかな・・・・
エラリー・クイーンの悲劇のシリーズは読んだことはあるけど、その他のは聞いたこともないわ
他に思ったことと言えば、櫛田や堀北、平田はほとんど空気でしたね
櫛田に至っては7巻で発言した場面合ったかな?
ペーパーシャッフルの堀北との対決もあるし、綾小路と堀北には必要以上に関わってこないだろうし、仕方ないか


次は7.5巻の短編集が発売されるみたいです!!!
冬休みの出来事が語られるみたいですね
綾小路と佐藤のデートやらが読めるのかな~
2回も誘っていたけど、断られちゃったからね


今日は10時半から講義なのでそれまで寝て、また夜にでも7巻を読みなおす予定です!
読み直した後、少し修正するかもです
ではでは

※追記
7.5巻の発売日がtwitterで告知されました!
発売日は2018年1月25日です
楽しみに待ちましょう!

posted by シェーリング at 07:09| Comment(0) | ようこそ実力至上主義の教室へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DAYS 221st day 「お前に言った」 ネタバレ&感想

DAYSの221話のネタバレと感想を書きます

IMG_7250 (2).PNG

DAYS 220th day 「才気、並び立つ」 ネタバレ&感想

マルコが5人抜きをしてから、シュートモーションに入った時に新戸部がスライディングでブロックをします
新戸部にボールは当たり、CKとなります

なんとか4点目は与えずに済みましたね
本当にひやひやさせられます


新戸部は立ち上がり、マルコに言います
新戸部「その程度か 十傑もたいしたことねーな」
マルコ「・・・・」
新戸部「本当は左足・・・・消し飛んだかと思ったがな はっはー!!」
臼井「それを威張ってどうする」

たいしたことないってそういう意味かい!
ちょっとカッコいいかと思ったのに(笑)
すかさず臼井がツッコミを入れましたね

けれど、臼井は新戸部に「よくやった 俺が見込んだ男だ これぐらいやってもらわないと困る」と言いました
臼井に褒められて新戸部は嬉しくて泣きそうになっていますね
まぁ、臼井に褒められたらそりゃ嬉しいよね!


ベンチにいる3年生の会話から新戸部は聖蹟のOBである伏見先輩に似ているらしいです
伏見先輩は2年前の聖蹟のキャプテンで新戸部と同じくCBだったみたいですね




梁山のCKとなり、キッカーはもちろん碇屋です
空中戦に強い大柴と水樹も戻ります
碇屋の蹴ったボールはマルコの所に行き、マルコと水樹が競り合います
マルコが競り勝ちますが、ボールはバーを叩き、ゴール前が混戦状態になります
なんとか臼井がクリアしますが、こぼれ球を梁山が拾い、シュートを放ちますが新戸部がまたも体を張ってブロックします!
そのブロックしたボールが加藤の前にこぼれます
そのボールを加藤はダイレクトボレーしようとします
風間が近くにいますが、ブロックに間に合わないと思いきや、またも新戸部がシュートブロックしました
このボールはサイドを割って、梁山ボールのスローインとなり、一旦、攻撃が止みました

この短い間に新戸部がシュートチャンスを3回もブロックしました
新戸部ってこんなにできるやつだったのか・・・・
評価を改めないとね!

この一連のプレーの後、風間に新戸部が話しかけます
新戸部「・・・・まあ"エースだろ"って焚きつけたのは俺だからな・・・・ 指くわえて見てるわけにもいかねーだろ
今回の新戸部がかっこよすぎるよ・・・・


梁山のスローインからのリスタート
マルコがボールを持ち、ゴール前にロングスローで放り込んできます
大柴が競り勝ち、クリアしますが、加藤が拾い、碇屋にダイレクトでパスを出します
碇屋には新戸部がマークについていますが、ちょっと引き離され気味・・・・

ここで、以前、新戸部が伏見先輩について監督に聞いている描写が入ります
伏見先輩は臼井とは違って、闘志をむき出しにするタイプのDFだったみたいですね
だからこそいいコンビだったと監督は言っています

新戸部は碇屋のボールになんとか触り、そのボールをつくしが拾います
普通ならクリアする場面で、つくしは風間にパスを繋ぎます

この場面でパスをきちんと通しましたね!
聖蹟のカウンターのチャンスが到来かな?
加藤やマルコに早めに潰されないことを祈りつつですが・・・・
マルコはスローイン投げてたから確実にいるよね・・・・


今週は最初から最後まで新戸部が活躍しっぱなしでしたね!!!
この試合が始まって確かに新戸部にはスポットが当たってなかった気がしますね
4点目を取られたら絶体絶命のこの状況で活躍をしましたね!
来週は聖蹟のカウンターのチャンスなので、2点目を期待しましょう!
ではでは


↓応援よろしくお願いします

にほんブログ村
posted by シェーリング at 06:05| Comment(0) | DAYS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブラッククローバー 第4話 「魔法騎士団入団試験」 感想

ブラッククローバー第4話の感想を書いていきます

アスタとユノはクローバー王国に到着し、魔法騎士団入団試験を受けるために会場に向かいます
会場に着くと、アンチドリという魔力の少ない人にたかる鳥がいました
ユノは魔力が高いということもあり一羽も寄ってきません
それに対してアスタは・・・・

2017-10-24 (9).png

うん、仕方ないよ、アスタ
魔力ないんだしこうなっちゃうよね
さすがにこれは周りにも笑われちゃうよね


アンチドリに追われ、逃げるアスタが人にぶつかります
そこにいたのは・・・・・

2017-10-24 (11).png

ヤミ団長きたーーーーー!
相変わらず無茶苦茶な人でしたね!
声もなかなか合っていてよかったです!

2017-10-24 (12).png

馴れ馴れしくしたアスタもアスタだけどね
まぁ、知らなかったら仕方ないね
試験会場にいたんだから、試験を受けに来た人と思うのは仕方ないよね

そして、黒の暴牛のフィンラルとゴードンも登場しましたね
フィンラルは極度の女好きで、すぐに女の子に話しかけていましたね
ゴードンは極度のコミュニケーション不足で、ぶつぶつ何か言ってる・・・・


その後、団長たちが次々と登場し、会場内で知り合った「フッハ」と笑うセッケから団長たちについて、説明を受けました

そして、とうとう試験がスタート!!!
まぁ、魔力のないアスタにとっては・・・・
ホウキで空を飛ぶことも・・・・

2017-10-24 (24).png

まぁ、こうなるよね~
その他の試験もセッケがこうやるんだよと教えてくれながら挑むも・・・・
魔力のないアスタにはどうしようもなく、あっという間に最後の試験になっちゃいましたね
最後の試験は実戦形式で行われ、二人一組で、戦うことになりましたね
アスタは今まで散々な結果なので、なるべく強い相手を探そうとします
すると、セッケが「俺とやろう!」と言ってきます




そして、アスタとセッケが戦う前に
アスタは「己の野望のために正々堂々、手加減なしで戦おうな!」と言いますが
セッケは「ここまで俺を引き立ててくれてサンキューな。お前の分まで俺が魔法騎士団で適当に頑張って、いい思いしとくから」と言います

2017-10-24 (34).png

セッケは完全にアスタを利用していたみたいですね・・・・
そして、勝負が始まります
勝負はあっという間につきます

2017-10-24 (39).png
2017-10-24 (42).png

ユッケが創成した魔法を相殺し、一撃で倒します
そして、アスタは「俺は適当に頑張って、いい思いをするために魔法騎士団に入るんじゃねー!死に物狂いで魔法帝になるためだ!」と言います

アスタカッコいい!
剣を取り出す時の描写とか本当にカッコいいなって思います!

勝負が始まる前にアスタを逆なでするようなことを言ったユッケも悪いけど、結果は変わらなかっただろうね
試験会場において、アスタの特性を知っているのはユノだけだから、勝負になるのはたぶんユノだけだっただろうからね
初見殺しとはこのことかと・・・・
そして、アスタがユッケを倒した時のユノの表情もなんかいいよね!


来週はとうとうどの団に配属されるか決まりますね!
楽しみですね!
ではでは


↓応援よろしくお願いします

にほんブログ村
posted by シェーリング at 00:26| Comment(0) | アニメ(いろいろ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする